« コラムyokoze「転職」 | トップページ | ドイツでは高速増殖炉が遊園地に! »

読書な毎日(177)

【人間を撮る—ドキュメンタリーがうまれる瞬間】 池谷 薫
 ドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」の監督である著者が書いた撮影手記。著者は他にも「延安の娘」というドキュメンタリー映画や、一人っ子政策についてのTVドキュメンタリーなど中国を中心に活躍しているドキュメンタリー映画の監督です。出身はNHK。
 「蟻の兵隊」は見たいと思っていましたが機会を逃してしまっていました。DVDが出たら買おうと思っていたのですが、先に本著が発売されたので読んでみました。本著は蟻の兵隊について以外にも監督が撮った映像作品にまつわるエピソードについて書いてありますが、ルポとしての水準も非常に高いものです。特に一人っ子政策については、驚きの内容です。一人っ子政策という単語自体はよく耳にしていますが、その実態について私はあまりにも知りませんでした。こんなとこをしている大国が存在し、オリンピックとか万博を開催しているのです。北京オリンピックが開催され、中国は注目されているように見えていましたがそこで生きる人たちについて撮ったものというのはあまりにも少ない。その少ない視点を著者は提供してくれています。
 「延安の娘」のDVDは購入するつもりなかったのですが、本著を読んだことにより購入することになりました。
(★★★★☆)

【続・獄窓記】 山本 譲二
 2003年に出版された獄窓記の続編。獄窓記という本が生み出され、著者が社会参画していく様の手記です。獄窓記を読んでいなかったら、そちらを先に読んでください。
 前作では知られざる刑務所の障害者たちを著者の目を通して伝え大きな反響を呼びました。本作ではその獄窓記が簡単に書けたわけでは無かったというのがわかります。著者は出獄後しばらく妻の実家の2階にひきこもりのように暮らしていました。外に出て人に会うのが怖くなってしまったのです。著者はもともと国会議員で自信の塊のような人だったそうです。そんな人がそういう状況になってしまうとは、刑務所に入ること、そして前科を持つことがいかに想像を絶することなのかというのがわかります。そんな著者が刑務所の自分の体験”獄窓記”を書くことによって再生していきます。
 また、この獄窓記という本が刑務所業界に大きな影響を及ぼしたようで、この本を契機に監獄法が変わり、刑務所のあり方も変わろうとしています。ペンの力はすごいなと感じた一冊です。獄窓記を読んだ人は是非とも読んでほしい一冊です。読んでない人はまずは獄窓記から。
(★★★★)

【ドイツ-グリーン・ツーリズム考―田園ビジネスを創出したダイナミズム】 鈴江 恵子
 グリーン・ツーリズムについて書いた論文を書籍化したもの。グリーン・ツーリズムとは都市部在住の市民が休暇を利用し農村に滞在して農業体験したり、緑に親しんだり、乗馬したりすることです。本著では主にドイツでの話が書いてあるのですが、地域によっては100%に近い農家がこのグリーンツーリズムを受け入れており、更に収入の半分以上をこのグリーンツーリズムから得ている農家が大半なのだそうです。
 ドイツのグリーンツーリズムも一朝一夕でそうなったのではなく、1970年代ごろから一部の農家が自宅の一部に受け入れるというかたちではじまり、政府が農業や農家の振興策としてこれを補助するようになります。今では、農家の敷地の一部に専用の宿泊施設を建てて、長期・短期滞在問わず受け入れるというかたちになっています。日本で言うところの民宿に近い形態かもしれません。
 こんなかたちの農業振興策があるとは気がつきませんでした。日本も見習ったらいいんではないかと思います。
(★★★)

|

« コラムyokoze「転職」 | トップページ | ドイツでは高速増殖炉が遊園地に! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書な毎日(177):

« コラムyokoze「転職」 | トップページ | ドイツでは高速増殖炉が遊園地に! »