« 読書な毎日(173) | トップページ | 脱Windows計画(10) »

コラムyokoze「六ヶ所で衰弱死した白鳥は放射性物質が原因では(^^;?」

 十和田湖で鳥インフルで白鳥が死んだと先日大騒ぎしていました。続けて、六ヶ所の尾駮沼でも白鳥が衰弱していて死んだのでこれも鳥インフルか調べているというニュースが入った。六ヶ所の尾駮沼とはあの再処理工場が建っているところではないか。これは鳥インフルではなくプルトニウムなどの放射性物質が原因だろと思ったら案の定”鳥インフルではなかった”という小さな記事が配信されていた。けれどなんでその白鳥が死んだという原因については何も書いてなかったのだ(^^;;

○十和田湖畔を合同調査
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aomori/news/20080502-OYT8T00008.htm

----------------
検出されず

 県は1日、六ヶ所村で衰弱した状態で保護され、その後に死んだオオハクチョウ1羽を検査した結果、鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったと発表した。県によると、このオオハクチョウは同村尾駮地区で4月23日に保護されたが、27日に死んだもので、北里大学獣医学部が検査を実施。こう門から採取した検体を鶏卵に接種して観察したが異変は見られず、ウイルスは確認されなかった。
(2008年5月2日 読売新聞)
----------------

|

« 読書な毎日(173) | トップページ | 脱Windows計画(10) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/41067032

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「六ヶ所で衰弱死した白鳥は放射性物質が原因では(^^;?」:

« 読書な毎日(173) | トップページ | 脱Windows計画(10) »