« 新最近みた映画(91) | トップページ | 新最近みた映画(92) »

「靖国」見ました

 あの靖国が5/3から東京圏ではシネアミューズで上映しています。私は上映中止が決まる前から見たいなと思っていたのではありますが、この騒動で”これは見なくてはいけない”に変わっていました。彩は既に試写で見てしまったので、私もいつか見に行かねばと機会をうかがっていました。月初で忙しいかなと思ったら、GWボケで私の勤める会社はまったりしている。これはチャンスと思い5/8(木)に午後半休で見にいくことにしました。

 昼食食べて13:40の回を見ようと13:00ごろ渋谷シネアミューズに着。行列できてるかなと思ったら映画館は静かなもので、警察の黒塗りワゴンと警官が立ってる以外は特に変わったことなし(この劇場は整理券方式だったのだ)。しかし、中に入って表示を見てびっくり。ナナナント13:10 13:40の回はもちろん、その次の15:50の回も満席だ。シネアミューズは2つの劇場使って1日に8回も上映してるというのにこの状態。1劇場は130席しかないのであれだけ話題になってれば平日でもこうなるのは当然か.....まあ、見れるだけよしとしよう。16:20の回を購入したけど、映画1本分の時間がまるまる空いてしまった。というわけで、なんか見るものないかなと近くのチケット屋を物色。ル・シネマの”ジェイン・オースティンの読書会”がちょうどよい時間なのでこれにする。
 ”ジェイン・オースティンの読書会”感想文はこちら

 見るつもりなくて見た映画だけどなかなか良かった。映画に満足してもう家に帰ってもいい気分になっていたが、きょうのメインイベントはこれからだ!

 シネアミューズのロビーに16:00ごろ入る。既にロビーは満室状態。何度かこの劇場にきたことあるけど、こんなのははじめて。映画が終わったわけでもないのに男トイレに人が並んでいる。ロビーの中には警備をしているらしいダークスーツの目つきの悪いケーサツらしき人もいる。しかし、ロビーの客層が普通の映画と全然違う。意外なことに、靖国に参拝してそうな感じの人たちが半分近くもいる(^^;; 戦争体験のありそうなおじいさん、ヤンキー風やネトウヨ風にガマオ風(ガマオというのはプリキュアに出てくる文句ばかり言ってるフリーター)。そして市民活動家っぽい人もけっこういる。はやりもの好きのヤジウマ風お姉ちゃんグループやカップルもちょっとはいるが、9割が男性客。映画オタ風はあまりいない。さきほど見た、”ジェイン・オースティンの読書会”とは別世界(^^;; そして、ロビーには不思議な緊張感がみなぎっている。屠殺場送りの直前みたいな雰囲気だ。

 劇場に入り、前から二列目に座る。1列目は関係者席という紙が貼ってある。はて、誰が見にくるのかなと思ったのだが結局ここには誰も座らず。つまり、前一列は上映妨害する人が来ないようにつくった緩衝地帯だったのだ。スクリーン前の両通路にもダークスーツの人(これもケーサツか)が座り前に出れないようにブロック。スクリーン脇にも警備員が一人腰を下ろしている。なんと厳重な警備体制だ。
 私の右隣は大学生ぐらいのモンチッチ風女の子二人のグループ。まわりが気になるらしく終始キョロキョロして後ろを振り返ったりして落ち着きない。左隣は尻ポケにR25をねじ込んだ巨大なガマオがドサッと座った。席から体がはみ出ている(^^; 彼は息も荒くアップルジュースを飲みながら歯軋りをしている。異様な雰囲気の中映画ははじまった....。
 でこちらの感想文もこちら

 というわけで、映画は良かったけど。なにを騒いでいたんだろう?というのが正直なところ。空気だけで圧力かけてしまうという状況はあの「バッシング」という映画でも同じだったな。やはりネーミングというのはいろんな意味で重要なんだな(^^;

|

« 新最近みた映画(91) | トップページ | 新最近みた映画(92) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/41168684

この記事へのトラックバック一覧です: 「靖国」見ました:

« 新最近みた映画(91) | トップページ | 新最近みた映画(92) »