« 新最近みた映画(86) | トップページ | 読書な毎日(168) »

新最近みた映画(87)

【ふたりはプリキュア マックスハート2 雪空のともだち】 志水 淳児
 2005年の作品。大ヒットプリキュアの映画第二段。マックスハートというのはプリキュアの2シーズン目にあたるもので、キュアホワイト、キュアブラックに加え九条ひかりという新キャラクターが加わるものです。
 スキー場にやってきたなぎさとほのかとひかり、ひかりは不思議なトリを拾う。ストーリーはかなり陳腐でどうでもいい感じ。絵はきれいでキャラクターもかわいいのですが、このかわいい女の子たちがキン肉マンやドラゴンボール、マトリックスのように殴る蹴る飛ぶ瓦礫をつきやぶる、爆発するということをするのです(^^;; 最初は”なんて野蛮な!”と驚き、マホちゃんのママ(プリキュア禁止宣言家庭)の気持ちもよくわかったのですが、何回か見てるうちにマヒしてしまいました(^^; しかし、これだけ格闘してるんだから骨折したり、血みどろになったりするシーンもあってもいいと思うのですが、彼女たちはビルを突き破っても鼻血ひとつでません。さすが美しいプリキュアだね(^^;
 アニオタが本作でうけるのはわかりすぎるほどわかるのですが、うちのりんたん(4才)含め、女児にうけてるってのがなんか不思議です。確かにドレスはフワフワでかわいいのですが、殴る蹴るはどうよ(^^;?
 TVシリーズもこの後見たのですが、映画と比べるとTV版の方がいいですね。劇場版は変に見せ場をつくりすぎな感じです。
(★★★)

【わんわん物語】 ハミルトン・ラスケ、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソン
 1955年の作品。舞台はロンドン。メスの子犬レディーが新婚家庭にかわれる。レディーはかわいがられて大きくなり、町の犬たちとも仲良くなる。その中に野良犬のトランプがいた。ある日レディーの家に赤ちゃん(人間)がうまれた。
 犬と人間の関係のよくできたアニメです。しかし、犬は人間の下僕である=支配者は偉いんだ的なメッセージが随所ににじみ出ていてなんかやな感じ。大いなる反逆者だったはずのトランプも終には首輪をつけ鑑識までつけて人間に尻尾を振るというハッピーエンドのエンディング(^^;; さすがディズニーだね.....。
(★★☆)

【ピーターパン】 ハミルトン・ラスケ、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソン
 1953年の作品。舞台はロンドン。ウェンディたちのもとに現れた不思議な少年ピーターパンがネバーランドへと彼らを連れていってくれる。
 ピーターパンの話は意外にも私はよく知りませんでした。こういうストーリーだったんですか。空を飛ぶというのは楽しそうだけど、ネバーランドってちっとも楽しそうな場所に見えないのは私だけでしょうか(^^;? 悪い海賊たち、野蛮なインディアンたち。しかし、インディアンの描写は現代アメリカではできなそうなデフォルメぶりです。タイガーリリー以外はバケモノのようだ(^^;
 ディズニーもの数あれど、絵とその動きの美しさはトップレベルと言って良い感じです。ピーターパンの代名詞がディズニーの緑色の服を着たピーターパンになってしまったのもそれ故なのでしょう。
(★★★)

|

« 新最近みた映画(86) | トップページ | 読書な毎日(168) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/40313010

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(87):

« 新最近みた映画(86) | トップページ | 読書な毎日(168) »