« 読書な毎日(167) | トップページ | コラムyokoze「アカデミー賞決定」 »

新最近みた映画(84)

【フリー・ゾーン 〜明日が見える場所〜】 アモス・ギタイ
 ナタリー・ポートマン、ハンナ・ラズロ、ヒアム・アッバス。ポートマンはオープニング延々と泣いている。彼女はラズロの運転する車に乗っている車はイスラエルからヨルダンへと向かう。ラズロはフリーゾーンと呼ばれる場所に用事があるのだ。
 これ以上書くとネタバレになるので書きませんが、長すぎる戦争がそこに住む人たちの生活の一部となり、それが生活の糧ともなってしまっている悲しい状況を描いています。
 本作の登場人物は主に3人で車を運転しながら、ポートマンとラズロが会話しているシーンがほとんどです。その話を聞いているうちに次第に事情がわかってきます。ドカーン、ズコーンというシーンはありません。というわけで、かなりシニア向きの映画と言えるでしょう(^^;
 この状況を打破するにはどうしたらいいか。やはりここまでこじれてしまった状況は第三者が入らないとなかなか難しいのでしょう。そこで重要な国はやはりアメリカ。共和党ブッシュはもうすぐ終わりますが、民主党政権に変わり動きがあるか。
 ポートマンはイスラエル人ですというわけで、この映画には思いいれあって出ているのでしょう。本作は日本では未公開でしたが、確かにこの問題に興味のない日本人が見ても意味わかんないだろうな.....。
(★★★☆)

【サーフズ・アップ】 アッシュ・ブラノン、 クリス・バック
 声の出演、シャイア・ラブーフ、ジェフ・ブリッジス、ジョン・ヘダー。ソニーピクチャーのCGアニメ映画。ペンギンがサーフィンやってる絵が面白いというだけの映画。しかし、CGアニメ業界というのは不思議でどこかでヒットすると似たキャラクターを使った映画がボコボコできます。ペンギンものも先に、ハッピー・フィートという出来の良い映画あり、本作はそれの二番煎じにもなってませんが、あの影響で出来たのでしょう。こんなレベルの低い映画ばかりつくっているとそろそろCGというだけでは客は来なくなるぞ。
(★★)

【オーシャンズ13】 スティーヴン・ソダーバーグ
 ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アル・パチーノ。豪華キャストつまんない映画の第三弾。飛行機に乗るとこの映画なぜかやってるので、つまんないのわかっていてまた見てしまいました。今回も期待を裏切らないつまんなさ(^^;
 しかし、ソダバーグはなんでこんな映画3作もつくってんでしょうね?まあ、同窓会的で楽しいというだけなのかもしれないですね。しかし、飛行機に乗ったときの暇つぶしにもならない映画撮るのは資源の無駄でしかないと思うですが。
(★☆)

【ミムジー】
 ロバート・シェイ
 リアノン・レイ・リン、クリス・オニール。あるとき浜辺で男の子が不思議な箱を拾い、女の子はうさぎのぬいぐるみを拾う。そのぬいぐるみに彼女はミムジーという名前をつける。以来、二人は天才児となる。
 日本で一応公開するみたいですが、子ども向きの映画ですね。子どもがこの映画楽しいと思うのかわかりませんが(^^;
 みなさんこんな映画見ないと思いますので、オチを書いてしまいますが、結局ミムジーは未来から送られたぬいぐるみで、その未来では人間は純粋な心を失ってしまっている。それを取り戻すためにうさぎを送ってそういう心を持った子どもを探していたということなんだそうだ。最後の最後まで”宇宙人”と思わせておいて”なんだ未来の人間か”とドンデンさせる映画なのです(^^;;
(★☆)

【Fast Track】 ジェッセ・ペレス
 ミア・フォロー、ジェイソン・ベートマン、ザッハ・ブラフ。ニューヨークでコックをしているトム(ブラフ)だったが店で喧嘩をしてしまう。ちょうどそのタイミングで弁護士で同棲中の、アマンダ(フォロー)に子どもができる。彼女はオハイオの実家で子どもを産み育てたいというので、一緒に帰ることにする。しかし、オハイオにはやっかいな親と得体の知れないアマンダの友人が待っていた。
 コメディタッチの話ですがそんなに面白いわけでもなく、ハートウォーミングなわけでもなく(^^; ネタバレですが、車椅子オチ(^^;; ミア・フォローってこんなに若かったかな!?と驚くぐらいで他にはあまり見るところない映画です(^^;
(★★)

|

« 読書な毎日(167) | トップページ | コラムyokoze「アカデミー賞決定」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/40159166

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(84):

« 読書な毎日(167) | トップページ | コラムyokoze「アカデミー賞決定」 »