« 新最近みた映画(82) | トップページ | 読書な毎日(165) »

コラムyokoze「つながらない電話」

 まず、説明をはじめると長くなるので、連絡事項から先に書きます。12/1から我が家のIP電話は、NTT、KDDI、niftyの不備により不通となっています。開通予定はまだ未定(^^;?

 では、そうなってしまった経緯を書きましょう(^^;;

 我が家は2年半前より050番のTEPCO+niftyのIP電話を使っていました。この当時も番号ポータビリティと言ってNTTの番号をIP電話に割り当てるサービスはあったのですが、TEPCO+niftyはその認可が総務省からおりていず、03番号は使えませんでした。正確に言えば、NTT+niftyの光回線なら03は使えたのですが、NTTには一銭もお金を払いたくなかったので、TEPCOをチョイスし、まあ050でもいいかというわけで050にしたわけです。NTTの03番号はこのとき休止にしました。

 時はたち2007年。TEPCOひかりはKDDIと事業統合し、ひかりoneというサービスになりました。実質TEPCOひかりの消滅です。まあ、それはそれでいいのですが、これを機会にKDDIの方がキャンペーンを行い、旧TEPCOのサービスをKDDIのサービスに変更し、同時にniftyのIP電話契約をKDDIにしませんか、そうするとお安くなりますよ、というセールスをかけてきました。この機会に切り替えると、新規扱いとなり1年間回線代が半額となり、そのサービス期間が終了した後でも現在より月額500円程度安くなっていました。旧TEPCOのサービスと違い1Gを10人で共有するというタイプだったのですが、実質はどっちでもそう変わりありません。そこで私はサービスをKDDIに変更することにしたのです。

 今回問題となってる電話番号についてです。サービスの変更により、最初の説明では今まで使っていたniftyの050は引き継げず、新規の050にするかNTTの休止証券を使って03番号を使える。050にした方が毎月100円ぐらい高いというので03番号の方にするということにしました。昔使っていた休止の03番号はもしかしたら使えるとのことでした。別に昔の番号でなくとも良かったのですが、後に昔の03番号が使えるという連絡が届きました。
 そして工事日。工事は特に問題なく終わったのですが、休止番号のポータビリティを頼んでいると工事の人に説明したら”その場合はNTTに休止番号を復活してもらわなければいけないので、3日ぐらいかかる。万が一1週間かかってもつながらなかったらKDDIに連絡してください。最初から新しい03番号にしていればそんなに時間かからなかったのに”と言われました。今更何を言ってんだ?と思いましたが工事の人に文句言っても仕方ないし、3日ぐらいなら仕方ないかと思いそのときは納得しました。しかし3日たってもつながらず、6日たってもつながらないので、KDDIに連絡しました。そうしたら、その件はニフティに連絡してください。と言われたので、ニフティに連絡したのですが電話はサポートが混んでいてつながらず。仕方ないのでメールで連絡しました。
 翌日ニフティから回答がかえってきたのですが、既に死んでいる050番号に電話かけたのですが、つながりませんでした。お客様の手続きに関して、設置先住所の確認をしたいとの返答がありました。というので、現在の住所ですが、設置先住所を連絡。03を休止したときの住所も現在と同じでしたので、何を言ってんだ?と思ったのですが、確認とのことだったので数日中には解決するのかと思っていました。ところが3日たっても開通せず。問い合わせたところ、現在手続き中との返答。そのころKDDIからも封書が届きました。お客様の手続きに関して確認したい点があるので、電話ください。同じ件とは思ったのですがKDDIに電話。そうしたら同じ件で、設置先住所がNTT側で違っているとのこと。住所は何になっているんですか?と聞いたけど教えてはくれず。この件は現在NTTに手続き中でたぶん数日中にはつながりようになりますとの返答でした。

 ところがその2日後。工事からもう2週間が経過しています。KDDIから電話がかかってきて、”お客様の旧03番号は住所が違うのでポータビリティできないとの回答がNTTからあった。新03番号で手続きお願いします”と言ってきたのです!!ななななにを今更言ってんだ!!!温厚な私もさすがに頭にきたのですが、このお姉さんの説明だと”休止した03番号はポータビリティできない”ということだったのです。では、今までの2週間は何をやってたんだ!と言ったのですが。”もともとできないことで、誰がそういう説明したのですか?”とこちらが聞かれてしまいました(^^;; みんなできる前提で話してたじゃん!私はもともと昔の03番号なんかにこだわっていなかったのに、”できる”と言われたからお願いしたまで。ところがお姉さんは”そんなことはない。できないことになっている”の一点張り。なんなんでしょう(^^;;
 これ以上つきあってもラチあきそうにないので、新番でお願いすることにしたのですが、またまた”ニフティに申請してください”とKDDIはのたまいました。もうタライまわし嫌なので”2週間もこんな状態なんですからあながたが責任持ってやってください!”ということにしました。

 というわけで長い説明ですが2週間たった本日まだつながっていません(^^; まだ一波乱あるのでしょうか....。

 しかし、こうなってしまう原因ですが、複雑になっているサービスについて理解している人がほとんどいないこと。あまりにも分業化しているため、問題が起こっても何が起こっているのかわからず、タライまわしですまそうとする体制になっていること。これが主な原因と思われます。こんなにヒドイのははじめてですが、契約変更のときは必ず何か問題が起こります。なんとかならんのかね.....。

|

« 新最近みた映画(82) | トップページ | 読書な毎日(165) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/17375306

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「つながらない電話」:

« 新最近みた映画(82) | トップページ | 読書な毎日(165) »