« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

読書な毎日(165)

【生きさせろ! 難民化する若者たち】 雨宮 処凛
 ワーキングプアの専門家みたいになってしまった著者の代表作。自分と自分の弟も含み、様々なワーキングプアの実態を取材したルポルタージュ。
 NHKスペシャルなどでも取り上げられ”ワーキングプア”の認知度は上がってきましたが、その実態はまだまだ知られていません。一口にワーキングプアと言っても様々なです。フリーターもあれば、契約社員として低賃金で働くワーキングプアもいます。正社員であっても過剰労働からの過労死の危険が待っている場合もあります。本著に出てくるのも町工場や中小企業の話だけではありません。名だたる大企業がワーキングプアを生み出しているのです。本著にはニコン、ヤマダ電機などが登場。そうやって、労働者を不当に安く働かせて大企業はますます利益をあげています。なぜこうなってしまったかと言えば鎌田氏の著書の感想文のところにも書いたけれど、規制緩和の美名のもとに企業がそういうことができる法律に改悪してしまったからに他なりません。労働者の権利は次第にもぎとられ気がつけば奴隷化しているのです。これはいわゆる小泉改革で加速されました。今はワーキングプアではない人だっていつこの境遇に放り込まれるかわからないのです。
 この格差社会を最近ようやく修正する動きが出てきましたが、与党はまだそれをするポーズをしてるだけで彼らは何もやる気はありません。それを見抜いた庶民の力で前回選挙では民主党が躍進したわけです。この格差社会を是正するにはやはりまずは政権交代しかないでしょう。
(★★★★☆)

【地球温暖化/人類滅亡のシナリオは回避できるか】 田中 優
 一部?では日本のアル・ゴアとも呼ばれている環境評論家の著者の講演を書籍化したものです。著者の講演は私も何度か聞いたことがあるのですが、非常にわかりやすい講演です。そういうところもゴアに似てる(^^; 言ってる内容もゴアとかなりかぶってますがね。
 私も環境問題オタクですので、知ってる話が多いのではありますがいくつかはじめて聞く話がありました。特に印象に残ったのは温暖化のメカニズムで二酸化炭素の分子構造が赤外線の宇宙への放出を妨げているという話。また、著者はSANYOの二次電池エネループのことをかなり評価しています。というわけで私もエネループ買ってみました。通常のニッケル水素の充電器で充電可能です。まだ、数回繰り返し使っただけなので、正直効果はわからないのですが通常のニッケル水素より放電せず、結果として長持ちしている気がします。
 本新書は新しい歴史教科書、正論などナショナリスト的な本を多く出しているフジサンケイ系の扶桑社からの出版。そういう会社でもこんな本出すんですね。
(★★★☆)

【心脳コントロール社会】 小森 陽一
 脳について解説し、そこから心脳コントロール社会にどう対応していくべきかというのを書いている本。脳の解説をしていたかと思うと、子どもの心理の発達
過程について書いたり、いわゆるメディアによる人民操作術について書いてみたりとややまとまりのない本です。しかし、一つ一つの話題については興味深いも
のもあります。
 私としては一番最初の方に書いてある脳のメカニズムについての部分がかなり退屈でした(^^; 養老の受け売りみたいな感じなのもやだね。自分の専門外のこ
とは無理して書かない方がいいんじゃない?しかし、あの養老という人は脳の研究家だというのにどうしてあんな脳が腐ったような本出すんでしょうね(^^;
 著者の本ははじめて読みましたが、文学の教授のわりに日本語に妙なムラがあり読みにくい気がするのは、私だけでしょうか?
(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「つながらない電話」

 まず、説明をはじめると長くなるので、連絡事項から先に書きます。12/1から我が家のIP電話は、NTT、KDDI、niftyの不備により不通となっています。開通予定はまだ未定(^^;?

 では、そうなってしまった経緯を書きましょう(^^;;

 我が家は2年半前より050番のTEPCO+niftyのIP電話を使っていました。この当時も番号ポータビリティと言ってNTTの番号をIP電話に割り当てるサービスはあったのですが、TEPCO+niftyはその認可が総務省からおりていず、03番号は使えませんでした。正確に言えば、NTT+niftyの光回線なら03は使えたのですが、NTTには一銭もお金を払いたくなかったので、TEPCOをチョイスし、まあ050でもいいかというわけで050にしたわけです。NTTの03番号はこのとき休止にしました。

 時はたち2007年。TEPCOひかりはKDDIと事業統合し、ひかりoneというサービスになりました。実質TEPCOひかりの消滅です。まあ、それはそれでいいのですが、これを機会にKDDIの方がキャンペーンを行い、旧TEPCOのサービスをKDDIのサービスに変更し、同時にniftyのIP電話契約をKDDIにしませんか、そうするとお安くなりますよ、というセールスをかけてきました。この機会に切り替えると、新規扱いとなり1年間回線代が半額となり、そのサービス期間が終了した後でも現在より月額500円程度安くなっていました。旧TEPCOのサービスと違い1Gを10人で共有するというタイプだったのですが、実質はどっちでもそう変わりありません。そこで私はサービスをKDDIに変更することにしたのです。

 今回問題となってる電話番号についてです。サービスの変更により、最初の説明では今まで使っていたniftyの050は引き継げず、新規の050にするかNTTの休止証券を使って03番号を使える。050にした方が毎月100円ぐらい高いというので03番号の方にするということにしました。昔使っていた休止の03番号はもしかしたら使えるとのことでした。別に昔の番号でなくとも良かったのですが、後に昔の03番号が使えるという連絡が届きました。
 そして工事日。工事は特に問題なく終わったのですが、休止番号のポータビリティを頼んでいると工事の人に説明したら”その場合はNTTに休止番号を復活してもらわなければいけないので、3日ぐらいかかる。万が一1週間かかってもつながらなかったらKDDIに連絡してください。最初から新しい03番号にしていればそんなに時間かからなかったのに”と言われました。今更何を言ってんだ?と思いましたが工事の人に文句言っても仕方ないし、3日ぐらいなら仕方ないかと思いそのときは納得しました。しかし3日たってもつながらず、6日たってもつながらないので、KDDIに連絡しました。そうしたら、その件はニフティに連絡してください。と言われたので、ニフティに連絡したのですが電話はサポートが混んでいてつながらず。仕方ないのでメールで連絡しました。
 翌日ニフティから回答がかえってきたのですが、既に死んでいる050番号に電話かけたのですが、つながりませんでした。お客様の手続きに関して、設置先住所の確認をしたいとの返答がありました。というので、現在の住所ですが、設置先住所を連絡。03を休止したときの住所も現在と同じでしたので、何を言ってんだ?と思ったのですが、確認とのことだったので数日中には解決するのかと思っていました。ところが3日たっても開通せず。問い合わせたところ、現在手続き中との返答。そのころKDDIからも封書が届きました。お客様の手続きに関して確認したい点があるので、電話ください。同じ件とは思ったのですがKDDIに電話。そうしたら同じ件で、設置先住所がNTT側で違っているとのこと。住所は何になっているんですか?と聞いたけど教えてはくれず。この件は現在NTTに手続き中でたぶん数日中にはつながりようになりますとの返答でした。

 ところがその2日後。工事からもう2週間が経過しています。KDDIから電話がかかってきて、”お客様の旧03番号は住所が違うのでポータビリティできないとの回答がNTTからあった。新03番号で手続きお願いします”と言ってきたのです!!ななななにを今更言ってんだ!!!温厚な私もさすがに頭にきたのですが、このお姉さんの説明だと”休止した03番号はポータビリティできない”ということだったのです。では、今までの2週間は何をやってたんだ!と言ったのですが。”もともとできないことで、誰がそういう説明したのですか?”とこちらが聞かれてしまいました(^^;; みんなできる前提で話してたじゃん!私はもともと昔の03番号なんかにこだわっていなかったのに、”できる”と言われたからお願いしたまで。ところがお姉さんは”そんなことはない。できないことになっている”の一点張り。なんなんでしょう(^^;;
 これ以上つきあってもラチあきそうにないので、新番でお願いすることにしたのですが、またまた”ニフティに申請してください”とKDDIはのたまいました。もうタライまわし嫌なので”2週間もこんな状態なんですからあながたが責任持ってやってください!”ということにしました。

 というわけで長い説明ですが2週間たった本日まだつながっていません(^^; まだ一波乱あるのでしょうか....。

 しかし、こうなってしまう原因ですが、複雑になっているサービスについて理解している人がほとんどいないこと。あまりにも分業化しているため、問題が起こっても何が起こっているのかわからず、タライまわしですまそうとする体制になっていること。これが主な原因と思われます。こんなにヒドイのははじめてですが、契約変更のときは必ず何か問題が起こります。なんとかならんのかね.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(82)

【ナチョ・リブレ】 ジャレッド・ヘス
 ジャック・ブラック、エクトル・ヒメネス、アナ・デ・ラ・レゲラ。たくさんの孤児がいる修道院に勤めるナチョ(ブラック)。けれど、修道院は運営資金が足りずお粗末な食事の毎日。そこでナチョは覆面レスラーとして賭けプロレスに出場し、賞金を狙う。
 バス男(ナポレオン・ダイナマイト)のジャレッド・ヘス監督のメジャー進出作。バス男テイストを感じさせながらブラックをうまく使っています。漫画チックで社会派的要素は少ない映画ですが、映像がきれいで雰囲気もテンポも良くなかなかの秀作です。この監督の作品は今後も注目です。
(★★★★)

【ガーダ】 古居みずえ
 パレスチナ人の女性ガーダを中心に日本人女性の監督が撮ったドキュメンタリー。ガーダは男中心のアラブ社会を突き破ろうとする進歩的な女性です。彼女の目を通し、パレスチナの社会が見えてきます。
 アラブ社会というのは日本以上に封建的で男性上位です。そういった社会でガーダの用に自分の思った通りに行動するのはかなり困難だし、それをカメラに撮らせてるというのもすごいことなんでしょうね。こんな映像が撮れたのも日本人女性だったからというのがあるでしょう。
 女性中心に撮ってるのもあるのでしょうが、おばあちゃんたちも含め実に彼女達は若々しく生命力にあふれています。しかし、そこにイスラエルの占領という不条理な状況がつくられているのです。
 撮影にかなり危険をともないそうな映像も多数あります。これはやはり一度人生が終わったと思った人だから撮れたのでしょうね。
(★★★★)

【ブラック・ブック】 ポール・ヴァーホーヴェン
 カリス・ファン・ハウテン、トム・ホフマン、セバスチャン・コッホ。家族をナチスに殺されたシュタイン(ハウテン)はスパイとしてナチス将校(コッホ)に近づく。スリリングなサスペンスタッチの映画で、先の展開が読めないけどちょっとツクリすぎかなという気もします(^^; まあ、映画だからいいけど。
 主演女優にう○○をかけるなど、ヴァーホーヴェンらしさが随所にちりばめられ、これはハリウッドの映画ではないんだなと再確認させられます(^^; 多くの日本人にも見てもらいたい映画ですね。
 ちなみにッホは善き人のためのソナタに出演していた作家の人です。
(★★★☆)

【イルマーレ】 アレハンドロ・アグレスティ
 キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック。女医のケイト(ブロック)は勤め先が変わり引っ越すことになる。郵便受けに転送を頼む手紙を残したのだがそれが届いた先は....。
 今知ったのですが、本作は韓国映画のリメイクだったんですね。どうりで(^^;しかし、最近こういうもったいつけて変な仕掛けを施したラブストーリーが多いな。こういう映画は仕掛けがいったいなんだろう?というのが気になり、仕掛けがわかると映画自体への興味が半減するという特徴があります(^^; この映画は冒頭であるイベントがあるのですが、うちのりんどろ(4才)はもうこの時点で仕掛けに気がついてしまいました(^^; まあこの映画も見るんならリメイクではなくオリジナルの方なんでしょうね。
(★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »