« コラムyokoze「松岡農相は本当に自殺なの?」 | トップページ | 読書な毎日(155) »

コラムyokoze「松岡農相の遺書をめぐる謎」

 松岡農相の遺書が当初見つからなかったのに、一番見えやすいテーブルの上に突如8通も夜になって出現したことは前回のコラムにも書きましたが、その出てきたとした遺書の文面も不思議なことに内容が徐々に変わっていきました。そもそも、封筒に入っていた宛名ありの遺書は公開されていないので、文面がわからないのではありますが。便箋に書いてあったとした2通のうち、誰に向けて書いたかわからない方の遺書の内容は大きく変わっています。

 まず、第一報。これは私が自殺した夜のNHKニュースのとき耳で聞いた内容なので正確には覚えていないのですが、「家内がすべて知っていますので、探さないでください」といった内容でした。自殺したのに、失踪した人が書くような文面だなと私は思いました。
 ところが翌日になるとその内容は変わり「内情は家内がよく知っており、全部託している。家内がどこに何があるかを知っているので探さないで下さい」(時事通信)。「内情については家内がよく知っています。それは家内だけが知っている場所にあるので探さないで下さい」(毎日新聞)。「家内だけが内情を知っている。それは家内にいってある場所にあるので、探さないでください」(日刊スポーツ)などというように記事によって内容が微妙に異なっていた。よく読むとどれも、”てにをは”が違うだけでなく意味する内容も異なっている。内情ってのはなんだろう?何をどこに隠しているんだろう?と疑問と含みを持たせる内容だったのだが、この遺書はその翌日また内容が変わった。「家族への手紙は、女房が分かるところにありますので、ぜひ探さないで下さい。女房が来るまでは、どこにも触れないで下さい」。どうやらこれで松岡農相の遺書はFIXしたようだ(^^; FIX版は内容がわかり易く明確になっている。作者が死んでるはずで、書換えようのないはずの遺書の内容がこんなにもよれるってのはおかしくないか(^^;? 家内を女房という表現に変えたり、手紙という普通なら落としようのないキーワードがFIX版には挿入されている。私の邪推だが松岡農相は実は奥さんのことを家内とは呼ばず、女房と呼んでいたのではなかろうか(^^;;
 まあ、とにかく女房に託したのが手紙だったとしたら、遺書がもう一通どこかにあるということになる。当然それも松岡氏の自殺をめぐる重要な手がかりとなるはずだが、家族あての遺書が今だ出てきたという記事はない。松岡農相の遺志通りに警察は探してないのだろうか(^^;?
 しかし、この謎の遺書は誰あてに書いたのだろう?警察に”女房が来るまでは、どこにも触れないで下さい”と言ったって無理な話だ。それに自殺現場なのだから秘書だって女房だって、触れることはできない。変な遺書である。

 この謎の遺書についてはとりあえず置いといて。自殺と遺書の関係だが、警察というのは人が死んでいた場合、当然に自殺・他殺の両面から調べる。そこに遺書があれば、自殺の可能性が高くなるわけだ。世間の捉え方もそうで、遺書があれば自殺なんだなと納得する。というわけで、松岡農相の遺書は自殺とするためにどうしても必要だったのだ。それが8通も出てきたのだから、間違いない!ってことなのだろう。内容がなんであろうと(^^;
 ヤクザもこの辺はこころえていて、自殺にみせかけて人を消すときは、拳銃やナイフなどをつきつけて遺書を書かせるそうだ。遺書ができたところで、ギューットしめたり、ビルや崖からつき落としたりするわけだ.....。だから本人の肉筆であっても他殺はありえるのだ。
 ところで、ここまで実行犯はヤクザと私は書いてたけど実は利害関係のある国会議員とか秘書とか周辺の人が「もうウソつくのヤダー」と言ってる松岡農相をギューッと締めちゃったという可能性もあるね。その点、総理は千鳥ヶ淵にいたので一応アリバイがあるけど(^^;

○国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」:不可解な松岡農相の死
http://blog.mag2.com/m/log/0000154606/

○立花隆:松岡氏の遺書に隠された秘密、消えた「政治とカネ」の真相
http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/070529_shinsou

|

« コラムyokoze「松岡農相は本当に自殺なの?」 | トップページ | 読書な毎日(155) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/15267576

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「松岡農相の遺書をめぐる謎」:

« コラムyokoze「松岡農相は本当に自殺なの?」 | トップページ | 読書な毎日(155) »