« 浅野さんにだっこ | トップページ | コラムyokoze「慎太郎 強さの秘密は霊友会!」 »

コラムyokoze「都知事選の結果分析」

 都知事選の結果ですがご存知の通り、慎太郎の圧勝となってしまいました。結果は以下。

石原慎太郎  2,811,486
浅野 史郎  1,693,323
吉田 万三   629,549
黒川 紀章   159,126

 投票率は54.35% と前回より10%も上昇し、”盛り上がらない”とマスコミが騒いでいたけど、都民の関心が今回の選挙にあったことを示しています。しかし、その過半数を慎太郎が獲得しました。そのうちわけですが、まず公明党の基礎票のほぼすべて70万票が慎太郎に入りました。選挙告示前、学会票の行方が注目される中、突如、学会員の桜金蔵という牽制球が投げられました。慎太郎はこれにびびって、公明党に頭を下げに行ったのです。それを受け、公明党は慎太郎に票を集中しました。これで、慎太郎は公明党の声を重視しなければいけなくなってしまいました。
 また、自民票の130万票もほぼ慎太郎に集中されました。慎太郎は最初推薦をお願いしていたけれど、無党派をアピールした方が票をとれると思ったので、結局断ったのですが、自民党はしっかりと票を入れてくれたのです。これで、慎太郎は自民党にも大きな借しをつくったことになります。
 注目の無党派票は慎太郎と浅野に40%づつ、残りがその他の候補に流れたようです。

 現職が強いのは当然として、やはり前回に300万票もとったというのが利いています。有権者というのは一度入れた候補には、よっぽどのことがなければ入れ続けるものです。やはり4年前の選挙で負けすぎた後遺症でしょう(樋口氏は80万票だった)。また、浅野氏の知名度が東京では無かったのです。都民というのは天狗になってるところがあるので、他府県の改革派知事など興味がないのです。前回慎太郎に投票し、浅野氏を知らなかった有権者は、結局浅野氏がどういう候補者かわからないまま、”慎太郎も問題あるようだけど、えらい知事さんなんだからそんなもんなんだろ”と入れてしまったのでしょう。また、慎太郎には小泉氏に通じる変なカリスマがやっぱりあります。そういうカリスマにひかれる人は知事がガラパゴスに行こうが南極に行こうが1千万円の闇献金があろうが関係ないのです。小泉氏のように自主的にやめるまで待つしかないのかね....。

 さて今後の4年間ですが、慎太郎が福祉や子育て支援、築地の移転見直しなんかするわけがありません。福祉切捨て、開発&道路優先、カラスや外国人、女性、障害者に厳しく、日の丸君が代統制路線は継続というか更に強化されてしまうでしょう。”最近いいことないじゃない、夢を見ようよ”と慎太郎は言うけど、そういう東京をつくったのはあんたじゃないの!?

 あと、余談ですが今朝からあの慎太郎花粉症ポスターが地下鉄の掲示板から消えていました。花粉症の時期も確かに終わったかもしれないけど、選挙も終わり。なんという露骨さ!こんな”うんこ知事”とあと4年もつきあっていかなければならいのか(^^;

|

« 浅野さんにだっこ | トップページ | コラムyokoze「慎太郎 強さの秘密は霊友会!」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14619916

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「都知事選の結果分析」:

« 浅野さんにだっこ | トップページ | コラムyokoze「慎太郎 強さの秘密は霊友会!」 »