« コラムyokoze「日本の選挙運動」 | トップページ | コラムyokoze「日本の民主主義がこわれた日」 »

コラムyokoze「志賀原発は正に超想定外!?の揺れだった!」

 私が以前にここに能登半島地震で志賀原発の揺れは本当はもっと大きかったのではないか?と書きましたが、今頃になって北陸電力はあの揺れはなんと711ガルもあったと発表しました!これは阪神大震災の揺れに匹敵するものです。226 → 264 と訂正していたけど実はその約3倍だったということになのです(^^; 志賀原発の想定最大ガル(これ以下なら一応こわれないでしょうとしている値)は374でしたがそれを2倍近くもオーバーしていたという驚愕の事実。これを地震発生から一ヶ月も北陸電力は隠していたのです。しかし、本当に原発が止まってて良かった(^^;;
北陸電力は原発の主要部分は地震による損傷は無かったと発表していますが、これもウソでしょう。もともとウソつき集団ですから何を彼らが言っても信用はしませんが(^^;

○能登半島地震、志賀原発で耐震想定の2倍近い揺れ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20070419i312.htm

|

« コラムyokoze「日本の選挙運動」 | トップページ | コラムyokoze「日本の民主主義がこわれた日」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14822604

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「志賀原発は正に超想定外!?の揺れだった!」:

» 高レベル放射性廃棄物最終処分場の行方 [らくちんランプ]
 昨日投開票が行われた高知県東洋町の町長選挙で、原子力発電環響整備機構(NUMO)が公募していた「高レベル放射性廃棄物の最終処分場の設置可能性を調査する区域」、つまり最終処分場の文献調査の反対を公約としている沢山保太郎候補が当選されたことで、国の核燃料サ..... [続きを読む]

受信: 2007/04/23 22:16

« コラムyokoze「日本の選挙運動」 | トップページ | コラムyokoze「日本の民主主義がこわれた日」 »