« コラムyokoze「慎太郎 強さの秘密は霊友会!」 | トップページ | コラムyokoze「核のゴミと東洋町」 »

新最近みた映画(75)

【マーダー・ボール】 ヘンリー=アレックス・ルビン、ダナ・アダム・シャピーロ
 ウィルチェア・ラグビー別名マーダー・ボールのアスリートたちを4年間にわたって記録したドキュメンタリー。ウィルチェア・ラグビーというのは四肢障害向けのスポーツ。ボールを受け取って相手のラインを超えれば得点されるという競技で、障害の度合いによってポイントがつけられその合計ポイント以内のメンバーで対抗します。車椅子で相手にタックルしても構いません。ウィルチェア・バスケは基本的に下肢障害の人のためのスポーツですが、ウィルチェア・ラグビーは四肢障害でもできるというのがポイントです。
 本作はスポーツ・ドキュメンタリーとしての側面ももちろんあるのですが、それぞれの登場人物がなぜ障害を持ち、それを克服し今に至るかという人間ドキュメンタリーの側面も持っています。病気で障害を持った人もいますが、ほとんどが交通事故で障害者になった人たちです。普通の人だったのに一夜にして弱者になるのです。ちなみに私も交通事故をやり、3ヶ月ほど車椅子を運転していましたので、車椅子にはけっこう思い入れがあるのです。それもあって本作は気になっていたのですがね。
 本作の中の登場人物も言ってますが障害者は自分を障害者扱いして欲しくありません。普通に接してほしいし、できることは自分でやりたいのです。
 DVDの特典映像にラリー・キング・ライブに出演者が登場したものが入っています。名前だけは聞いたことあったけど、このおやじはなんか心がない感じで”みのもんた”みたいだね(^^;
(★★★★)

【セプテンバー・テープ】 クリスチャン・ジョンストン
 アフガニスタンに潜入したアメリカ人ジャーナリスト。ビンラディンを探せ!半ドキュメンタリー的なつくりで、ブレアウィッチ・プロジェクトを彷彿とさせます。実際にアフガンロケをし、演出なしのドキュメンタリー部分も多い感じなのですが、逆にフィクション部分がウソっぽいので盛り下がってしまいます(^^; せっかくこれだけの映像が撮れたのですから、ドキュメンタリーにしてしまえば良かったのに。別にバパンバパンはなくてもいいんですよ(^^;
 アフガニスタンにアメリカ人が潜入して映像撮ったというだけで一応拍手ものかなと私は思います。実際、危険な撮影だったのでしょう、映像にも緊張感があります。それだけに陳腐なフィクションにしてしまったのがもったいない(^^;
(★★★)

【Mr.&Mrs.スミス】 ダグ・リーマン
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー。主演二人の交際のきっかけとなった映画。独立系の諜報組織に所属する二人はお互いが同業とは知らず結婚。ところがある時二人は同じターゲットを狙うことになる。
夫は建築家、妻はSEと偽り二人は本業をやってます。しかし、数年暮らすうちお互い何か秘密がありそうだと疑うのです(^^; 殺し屋というのが物騒だけどコメディタッチで面白い。二人の息もピッタリで本作は彼らの代表作になるんでしょうね。
(★★★☆)

|

« コラムyokoze「慎太郎 強さの秘密は霊友会!」 | トップページ | コラムyokoze「核のゴミと東洋町」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14655582

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(75):

« コラムyokoze「慎太郎 強さの秘密は霊友会!」 | トップページ | コラムyokoze「核のゴミと東洋町」 »