« 新最近みた映画(74) | トップページ | コラムyokoze「すべてがテキトー!?志賀原発」 »

コラムyokoze「運良く!?止まってた志賀原発」

 3/25 石川県で最大震度6強の地震が起こった。今や日本中どこにでも原発はあるのだが、今回の地震の震源の近くに今話題の志賀原発があった。制御棒が誤って抜けて臨界状態になっていたというあの原発である。この事故隠しのおかげで1号機は定期検査のために数日前に原子炉を止めたところだった。なんと運のいいことでしょうか(^^; ちなみに2号機も蒸気タービン破損のため止まっていた。なんと運のいいことでしょうか(^^;
 原発は地震によるある程度の揺れを観測すると緊急停止するようになっている。過去の地震では2003年の宮城沖地震で251ガル(地震の加速度)を記録し停止したことがある。今回の志賀は226ガルを記録したとのことですので、もし稼動していたら原発世界史上二番目の揺れを受け緊急停止していたところだった。ちなみに原発は大きな地震が起こらないとされている地域に建設されているので、今回の地震もやっぱり想定外の揺れだった(^^;
 制御棒というのは車で言うところのブレーキのようなもので、原発の反応を止め炉を停止させるためのものです。もし、志賀の原発の事故が隠蔽されたままで、炉が稼動していて緊急停止装置が入ったらこの原発はどうなっていたでしょうか。制御棒がシュポッと抜けて第二のチェルノブイリが起こっていたかもしれません(^^; ラッキーは何度も続かないということを電力会社は肝に命じておいてほしいものです。

|

« 新最近みた映画(74) | トップページ | コラムyokoze「すべてがテキトー!?志賀原発」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14425337

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「運良く!?止まってた志賀原発」:

« 新最近みた映画(74) | トップページ | コラムyokoze「すべてがテキトー!?志賀原発」 »