« コラムyokoze「逃げ腰 慎ちゃん」 | トップページ | 読書な毎日(150) »

コラムyokoze「三宅島の慎太郎レース発案者は事故死していた」

 続けて慎太郎ネタご容赦。スポーツ大好き!?の慎ちゃんだが、この11月にイギリス領のマン島を手本に東京の三宅島でバイクの公道レースをしようとしていることはご存知だろうか。マン島のレースは100年もの歴史があるそうなのだが、公道レースという性格上今まで223人も亡くなっている。
 その一人が日本人ライダー前田淳。彼は昨年、慎ちゃんはじめとする視察団がマン島を訪れる中、練習走行中に事故死していたのだ。彼はこのマン島公道レースにはまっていた一人。彼の発案で三宅島レースが計画されたと言っても良い。おそらく慎ちゃんたち視察団の前で張り切っていたのだろう....。普通の神経の持ち主なら、これだけの大事故があった後でレースを強行するなんてことはないだろう。100年の歴史があってもこうなのだ。ところが特攻大好きな慎ちゃん、見直す気などサラサラないどころか「危険な方が盛り上がるんだ」などと、とんでもない発言をしている。

 ちなみにこの三宅島バイクレース構想は既に4000万円の調査費用(もちろん都税、慎ちゃんのマン島旅行代など)を使っている。そして2007年度の予算でレースのための都道改修に3億円も計上!三宅村民も大会運営費などで3億円も出させられるそうだ!(住民一人あたりの負担はなんと10万円)。つまり一部の人にしか関係ないイベントに合計6億4000万円も使われるということだ。更に親バカもここまでくるとあきれるばかりだが、三宅島は慎太郎のかわいい三男の選挙区だったのだ(^^;; グラディエーターじゃあるまいが慎ちゃんの趣味と三男の選挙ため、毒ガスの中を文字通りの死闘をさせられるとは三宅村民もレーサーたちもたまったものではない....。
 浅野氏が都知事となればこのレースは間違いなく中止となるだろう...。


○お粗末な石原知事のスポーツ観
http://news.livedoor.com/article/detail/3084717/

○三宅島にまつわる複雑な思い
http://www.shizenyama.com/archives/nishi/2006/06/post_79.php

○11月11日(日)開催予定の三宅島オートバイレース
http://blog.goo.ne.jp/sayonaraishihara/e/491e363717179e3e7cefa0a629ae7bbd

○前田淳オフィシャルページ
http://www.junmaeda.com/

|

« コラムyokoze「逃げ腰 慎ちゃん」 | トップページ | 読書な毎日(150) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14350630

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「三宅島の慎太郎レース発案者は事故死していた」:

« コラムyokoze「逃げ腰 慎ちゃん」 | トップページ | 読書な毎日(150) »