« コラムyokoze「蒼い顔の総理 オムツつきるまで」 | トップページ | コラムyokoze「中村彝アトリエ保存」 »

脱Windows計画(8)

 今回紹介するのはlinuxが気になるけど、OSインストールまではしたくないという人向けのlinuxについて。2つ紹介します。
 1つは Live CD linuxとか1CDlinuxと呼ばれるもの。これにも様々なディストリビューションがあるのですが、knoppixが最も有名です。CDライタさえあればCDイーメージをダウンロードしてCDを1枚焼き、CDブートするだけでlinuxを使うことができます。パソコンにインストールしてあるwindowsには全く影響を与えません。パソコンの中身のファイルをいじったり、パーテーションを分けたりということもできてしまうのですが、意図的にそういうことしなければ大丈夫(この機能を使ってOSが立ち上がらなくなったwindowsのファイルリカバリなどにも使える)。設定ファイルをUSBメモリなどに保存しておけば設定が消えてしまうということもありません。しかし、CDからプログラムを起動しているので動きがやや遅い。新しいバージョンが出るたびにCDを焼き直さなければならない。自分の好きなアプリケーションをダウンロードして使うのに適していない。などという問題があります。まあとにかく、linuxとはこういうものか、と知るのにはお手軽でしょう。
 さらにもっとお手軽な方法がバーチャルマシン(VM)をインストールしてその上でlinuxを動かす方法です。VMとはあるOSの上で別のOSを動かす技術です。これもいくつか製品があるのですが、windows上でlinuxを動かすもので一番有名なのはVMwareです。マイクロソフトもvirtualpcという同様の製品をリリースしています。これらの製品は有料だったのですが、無料版も出たため、ダウンロードしてインストールするだけでlinuxを使うことができます。VMware用のフォルダができるだけで、もちろんwindowsに影響を与えることはありません。ハードディスクにlinuxをインストールするより遅いですが、LiveCDlinuxよりはずっと速く、設定もフォルダの中に保存されますのでWindowsの1アプリケーションのごとくlinuxを使えます。
 VMWare上で動くlinuxのディストリビューションもいくつかあるようですがubuntuは日本語版のVMware用製品(Browser Applicationと呼ばれている)を必ず出しますのでこれを使うのが良いのではないでしょうか。この中でメールやインターネットのブラウジングすれば、ウイルスともきっと無縁になるでしょう(^^;;
 マイクロソフトのVirtualpc(買収してこの技術はゲットしたのではあるが)も無料で使えます。Virtualpc上で様々なバージョンのWindowsが動きます。しかし、WindowsXpの上でWin98が動いたところで何が楽しいのでしょう(^^; Virtualpcの上でもlinuxも動かせるようではあるけど、もちろんMicrosoft公認ではありません(^^;

○knoppix
http://unit.aist.go.jp/itri/knoppix/

○ライブCDの部屋
http://2.csx.jp/livecdroom/

○Free VMware Player
http://www.vmware.com/ja/products/player/

○VMware用 ubuntu
http://www.ubuntulinux.jp/News/News20070124

○virtualpc
http://www.microsoft.com/japan/windows/virtualpc/default.mspx

○VM
http://mcn.oops.jp/wiki/index.php?VM

|

« コラムyokoze「蒼い顔の総理 オムツつきるまで」 | トップページ | コラムyokoze「中村彝アトリエ保存」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14252296

この記事へのトラックバック一覧です: 脱Windows計画(8):

« コラムyokoze「蒼い顔の総理 オムツつきるまで」 | トップページ | コラムyokoze「中村彝アトリエ保存」 »