« 読書な毎日(149) | トップページ | コラムyokoze「都知事に浅野氏を」 »

コラムyokoze「アカデミー賞とラジー賞結果発表」

 今年のアカデミー賞とラジー賞が決まった。結果はこちらだが、やっぱり!?スコセッシのディパーテッドが作品賞となんと監督賞までとってしまった。香港リメイクの本作、スコセッシはこの映画は本当は撮りたくなかったなんて発言してるのに(^^;; まあ、とにかくもスコセッシはアカデミーとったわけだからこの賞の呪縛からは逃れられたのでしょう。しかし、ヤクザと警察のばかしあいの映画に賞をあげるなんて最近のアカデミー賞は”らしくない”映画に賞をあげる傾向にあるような気がする。
 その他の部門も下馬評通りの順調な結果でした。終わってみてやっぱり違和感を感じるのは「父親たちの星条旗」がノミネートされていなかったこと。イラク戦争への批判もあって「硫黄島からの手紙」が高い評価を受けているという報道がよくされていますが、明らかに手紙より星条旗の方がイラク戦争の批判になっています。手紙は日本的軍国主義の狂気を描いているのですからこれは「美しい国にっぽん」の安倍政権批判であり、日本はこんな恥ずかしい愚かなことやっていたんだなと日本人が反省する映画なのです。「硫黄島からの手紙」がノミネート!日本のマスコミは大騒ぎしてたけど、アメリカ人に指摘された恥ずかしい国にっぽんの映画のノミネートをそんなに手放しで喜んじゃっていいのでしょうか(^^;; そういう意味で言うとアメリカ人は賢いですよ、恥ずかしい国の星条旗は最初からノミネートしないんですから(^^;;
 しかし、日本のマスコミはノミネートされただけでも快挙の菊地凛子で騒ぎすぎ。彼女は日本でもほとんど知らていなかった女優なのに。彼女の今後の活躍には期待しますが。

さて、ラジー賞ですがこちらも順当な結果でした。何を隠そう私はシャマランファンなのですが(^^; 今回のシャマラン映画はラジー賞とって仕方なしというとこです。シャマランよ、ラジー賞の常連にならないようにしてね(^^;

|

« 読書な毎日(149) | トップページ | コラムyokoze「都知事に浅野氏を」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/14066394

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「アカデミー賞とラジー賞結果発表」:

« 読書な毎日(149) | トップページ | コラムyokoze「都知事に浅野氏を」 »