« コラムyokoze「合併の合併」 | トップページ | 読書な毎日(146) »

新最近みた映画(70)

【イノセント・ボイス 12歳の戦場】 ルイス・マンドーキ
 メキシコの作品。内戦下のエルサルバドル。12歳になると男の子は徴兵される。少年チャバも12歳の誕生日を迎えいよいよ徴兵のときが。オスカー・トレスの自伝的脚本を映画化したものだそうだ。
 たった12歳で戦争に巻き込まれる子ども達。かっこいい兵士にあこがれるところもあるが、本音はやはり死にたくないし遊びたい。かなり重いテーマを扱っているのですが、子どもの視点から描いているので暗くなりすぎずもしっかりと問題提起がされています。遊びたい盛りの子どもに銃を持たせ戦わせる。なんて恐ろしいことなんでしょう。
 政府軍と、レジスタンスゲリラが入り乱れて戦っているのですが、軍事独裁的な政府軍の裏にはやはりあの国が控えています(^^;; そんな訳でこういう映画はあの国以外の資本でつくられるわけですね。
 DVDは特典映像も見応えあります。
(★★★★☆)

【ハサミ男】 池田敏春
 2004年の映画。豊川悦司、麻生久美子、阿部寛。ハサミを使った高校生の連続猟奇殺人が起こる。映画の最初から犯人らしき二人は登場しているのですが、この二人の関係がなんか違和感あり、また殺人の動機もなんだかわからず、これは何か仕掛けがあるんだろうなと私は見ていました。この仕掛けに引っ張られずっと見せられてしまうのですが、私はだいたい半分ぐらい見たところでその仕掛けがわかってしまいました。ネタバレになるのでその仕掛けについては書きませんが、またかよ!という感じですかね。このタイプの映画をはじめて見る人はびっくりするのかもしれませんが。
 この映画はその仕掛けがいのちで、それ以外は犯人のプロファイルにしてもちょっと底浅。トヨエツが出てなければC級映画でしょう。
(★★☆)

|

« コラムyokoze「合併の合併」 | トップページ | 読書な毎日(146) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/13365680

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(70):

« コラムyokoze「合併の合併」 | トップページ | 読書な毎日(146) »