« コラムyokoze「WindowsVista発売の意味」 | トップページ | 産む機会 »

Fedora Core 6 のインストール

 Fedoraの6がリリースされたとのことなのでちょっとインストールして試してみることにしました。適当に余ってるwin98のノートを使う。スペックはCPU 500MHzのメモリ192MB。クリーンインストールでfedora6を入れる。ところが、グラフィックのインストーラがメモリ不足というメッセージが出て立ち上がらない。仕方ないのでなつかしのキャラクタベースでインストール。ところが、リブートしたらXが立ち上がらない。Xを起動しようと思ってもだめ。なんかチューニングすれば動くようになるのかもしれないけど、やってられん!ということでfedora5をインストールして動くようにしてから、6にアップグレードするという方針でやってみる。
 調べてみるとfedora6はグラフィック関連で3Dなどの高度?な機能を導入しているらしい。だからプアなマシンは足切りされてるのかも。

 Fedora5にかんしては何も問題なくもちろんグラフィックインストールで完了。画面などをやや調整して、そこから6にアップグレードだ。ところが、インストールをはじめると次のようなメッセージが画面の真ん中に出た。”no handlers could be found for logger "yum.yumbase" 。インストーラが止まったのかと思ったらこのメッセージは”がんばってまっせ!”という意味らしい(^^; なんか出来が悪いぞfedora6。アップグレードだからインストールは簡単に終わるのかと思いきや、なんと5時間もかかりました(^^; クリーンインストール時の倍ぐらいかかってるんではなかろうか。まあ、おかげで今度は6が入って二重螺旋なデザインのXも立ち上がりました。3Dにはなってないみたいだけどなんか設定がいるのかプアーなマシンでは関係ないのか?まあ、5に比較して重くなってることは確かのようだ。

|

« コラムyokoze「WindowsVista発売の意味」 | トップページ | 産む機会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/13730213

この記事へのトラックバック一覧です: Fedora Core 6 のインストール:

« コラムyokoze「WindowsVista発売の意味」 | トップページ | 産む機会 »