« コラムyokoze「核実験2」 | トップページ | コラムyokoze「信用ならない米情報」 »

脱Windows計画(5)

Acer
 今回はlinuxで無線LANにつなぐ話です。無線LAN関係ない人はただの苦労話ですので読み飛ばしてください(^^;
 現状において無線LANカードはlinuxで認識はしてもドライバーは入らないという状況になります。なんでドライバーが入らないかと言えばドライバーが存在しないからです(^^; それでは動かないのでは?と思うかもしれませんがwindows用のドライバーをlinuxで動かすためのツールが存在していて、これを使えば動くかもしれない!という状況です。有名なものではndiswrapper、fwcutter というのが存在していました。
 私の購入したPC(Acer Aspire 3000:写真)は無線LANは802.11gの内蔵タイプで、BCM4318というチップが認識されていました。つまりBCM4318用のWindows用のドライバを探してきて、ndiswrapper あるいは fwcutterを使って無線LANにつなぐのです。
 はてさて、まずはどっちを使った方が良いだろうか?調べて見たところ、fwcutterの方が最近のツールで簡単そうだと思われました。というわけで、fwcutterを探してダウンロード。make(コンパイルして実行できる形式にすること)しようと思うが動かない!?しばし悩むがubuntuにはmakeがインストールされていないことが判明。と同時にubuntuにはパッケージマネージャ(Synaptic)というのが存在し、こいつを使うとダウンロードからインストールまで自動にやってくれることがわかる。なんと便利な世の中になったもんだ!ちなみにwindows Updateのように最新のパッケージにアップデートしてくれるアップデートマネージャというツールもubuntuには搭載されています。
 Synapticを使いfwcutterをインストール。ドライバーはftp://ftp.support.acer-euro.com にある。私が使っている機種に該当すると思われるドライバーをダウンロードし、fwcutterに関して書いてあるホームページを見ながらドライバーの導入作業を行う。fwcutterに適合しているドライバーと思われるのだが、何かエラーメッセージみたいのが出てつながらない!別のドライバーをダウンロードしたり入れなおしたりいろいろしてみたが結局だめだった。後に気がついたのですが、linuxのカーネルが2.6.17以上がfwcutterの要件になっているらしい。現在のubuntuは2.6.15なのでそれが原因か?しかし、ubuntuでfwcutterでうまくいってる人もいる。もうわからん!というわけでfwcutterはギブアップしました。ubuntuインストール完了からここまでで延べ2日ぐらいかけてしまいました。そうなるとndiswrapperだ。こちらの方が歴史のあるツールみたいなので、なんとかなるかも。ndiswrapperをインストールしドライバを適用してみるが、今度はinvalid driver となってしまう。PC付属のCDについてるドライバもだめで、対応機種の型番は違うがBCM4318用の成功例のドライバを適用したところ、やっとドライバがインストールされる。やったぞーと思ったが再起動してもやっぱり認識しない。ネットワーク関連のconfigファイルをいじったり、有線LANを止めたり、各種コマンドで状況を分析しながらうじゃうじゃいじるがやっぱりだめ!りんどろの妨害行為を避けながらの作業なのでなかなかはかどらない!
 これはついにギブアップかと思いはじめていたところでしたが、ある日ハイバネーションからPCを立ち上げたところ無線LANのランプが点滅をはじめる。これは!と思いさらにうじゃうじゃっといじってるうちについに接続!何が効いてつながったのかわからなかったがついにつながったのです。
 しかし、安堵したのも束の間、つながった状況を分析する前にりんどろがいつの間にか忍び寄ってきていて無線LANのスイッチをブチッと切ってしまう(^^;; そしたら、またつながらなくなってしまった。つながったのは夢だったのかと思うぐらいにまたつながらなくなる。さらに二日ぐらい悩み、ubuntuをもう一度インストールして最初からやり直してみる。しばらくいじってるうちに再びつながる。状況を分析してみてもいまいち原因が良くわからないが、つながる法則がわかってくる。リブートするとつながらないが、sudo modprobe ndiswrapper というコマンドを打込み、ハイバネートで停止させ起動するとつながるのです(^^; なんでリブートだと認識しないのか理由がわかりませんが、このやり方で必ずつながるようになったのでこの状況で使っています。今はメール、その他の環境もlinuxに移行して使い始めているところです。ここまで到達するのに、新しいPCが到着して約2週間の月日がたっていました。
 おそらくですが、あと1年ぐらいすれば11gのドライバーも入ってきっとlinuxでも自動認識する時代が来ることでしょう。本当はメーカーがlinux用のドライバをつくってくれればこんな苦労する必要はないんですがね(^^;
 構想5年?製作2週間ぐらいでついに脱Windowsがついに実現しそうです!というわけで、一応今回で脱Windows計画はしまいとします。無線LANさえなければ(^^;簡単に使えるようになりますので、無理そうだと思わずみなさんも是非!脱windowsしてみてくださいね!!

|

« コラムyokoze「核実験2」 | トップページ | コラムyokoze「信用ならない米情報」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱Windows計画(5):

« コラムyokoze「核実験2」 | トップページ | コラムyokoze「信用ならない米情報」 »