« コラムyokoze「ユナイテッド93」 | トップページ | コラムyokoze「石狩から六ヶ所へ」 »

コラムyokoze「停電が長引いた理由」

 8/14朝、我が家も含め東京区部を中心に130万世帯が停電した。我が家の場合は30分程度の停電であったが、3時間近く停電していたところもあったようだ。この原因はたった2本の架線の損傷によるものだという発表だった。この架線がようやく直ったのが8/17の未明とのことである。つまりこの間は他のルートから電力供給していたことになる。なんじゃ、切れても大丈夫なんじゃない!
 ということは、停電を起こした原因はクレーンとしても長引いたのは東電がバックアップルートに経路変更するのに手間どったからということになる。しかし、東電は”3時間で復旧したのは予定通り”と居直っている(^^; 3時間という時間はかかりすぎ、というのが私の印象である。
 私が予想するに、おそらく東電にはこういう事態の場合に瞬時に経路を切り替えるシステムが導入されているものと思われる。しかし、まさかのときにはそれが動かなかったということなのだろう。けれど、東電は自分達の非は全く認めず、クレーン会社だけをいじめている(すべて他人のせい)。こういう性格の悪い企業にすべてを委ねるオール電化なんて危なくて使ってられない。

|

« コラムyokoze「ユナイテッド93」 | トップページ | コラムyokoze「石狩から六ヶ所へ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「停電が長引いた理由」:

« コラムyokoze「ユナイテッド93」 | トップページ | コラムyokoze「石狩から六ヶ所へ」 »