« 読書な毎日(138) | トップページ | コラムyokoze「再チャレンジとは?」 »

読書な毎日(139)

【軍隊なき占領】 ジョン・G. ロバーツ、グレン・デイビス
 第二次大戦後日本で暗躍し、今の政治の流れをつくった人たちについて書いてある本。戦後日本の民衆は政治を自分たちの手に取り戻そうとしていたが、アメリカ主導でその方向は修正され、いわゆるアメリカの意志で動く政党、自民党をつくり政権をとらせた。岸信介などのA級戦犯を無罪放免し、総理大臣にまで据えてアメリカの正に意のままに日本政府を動かしてきた。というようなことが書いてあります。
 この本読むと、自民党が政権を持っている限り日本はアメリカの属国からは逃れられないというのがよくわかります。アメリカの属国が嫌なら自民党に政権をとらせてはいけないのです。
 ちょっと読みにくい本ではありますが、日本人が知っておかなければならないことが書いてありますので是非とも読んでみてください。あなたそれでも自民党支持者なのですか?
(★★★★)

【非米同盟】 田中 宇
 冷戦後、アメリカ中心だった世界が次第に非米化している。アメリカ自身は特に911以降、イラク戦争あたりからわざわざ世界の信用を失い、嫌われるアメリカを演出している。なぜだろうか?著者はこの奇妙なアメリカの行動を分析しながらその目的を探っています。アメリカは世界の警察業務から手を引こうとしているのではないか、というが著者の結論です。わざと失敗し、もうアメリカには任せてられないと思わせ非米同盟にその業務を引き継いでもらう。なんか、しっくり来ないですが、そうでもしないと説明ができないとか。
 私も最近のアメリカの行動を見ていてなんであんなに演出が下手くそになったのだろうと疑問に思っています。私は著者が言うように意図的にやってるのではなく、帝国の末期症状なのではないかと思っています。今までうまく演出していた人たちが硬直化した組織の中で追いやられ、自分達は正しいんだ!と叫ぶまわりのことを気にしない人たち(ネオコン)が権力を行使しているからあんなお粗末なことになっているのでしょう。アメリカ帝国はそう長くない、というのは私も著者と一致した見解です。
 本著にはビルダーバーグのこともけっこう書いてあります。普通に出版されている本にこんなにビルダーバーグのことが書いてあるのって珍しいのではないですかね。アメリカ批判についてもそうだけど、ここまで書いてしまうと主流マスコミはきっと無視するんでしょうね(^^;
 著者のメールニュースは私も読んでいますが、世界中の情報を読んで要約&分析して伝えてくれるので非常に重宝しています。無料ですので是非とも購読してみてください。
(★★★★)

|

« 読書な毎日(138) | トップページ | コラムyokoze「再チャレンジとは?」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書な毎日(139):

« 読書な毎日(138) | トップページ | コラムyokoze「再チャレンジとは?」 »