« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

読書な毎日(137)

【CO2温暖化説は間違っている 】 槌田 敦
 孤高の物理学者槌田氏によるCO2による温暖化否定論。地球は温暖化傾向にあるのは確かだが、それの原因はCO2ではない。では、何故温暖化しているかと言えばそれは地球の公転軌道によるサイクルでもうしばらくすると寒冷期に入るというのが著者の主張です。著者によるとCO2による温暖化説を流布しているのは、原発推進系の学者なのだそうです。
 彼の説は確かに説得力があります。CO2が増えるとなんで温暖化するの?物理学で計算してみた人はいるでしょうか(^^;? みんなが言ってるから定説と思っているだけではないでしょうか?CO2濃度は確かに増加しているそうですが、それは気温が上がった結果によるもので、卵と鶏が逆なのだそうです。
 しかし、槌田氏もだからと言って石油文明を肯定していませんし、反原発系の学者です。つまり彼が何が言いたいかと言えば、CO2による温暖化は論理的におかしいと言ってるのです。
 槌田説が本当とすれば、ガリレオガリレイ並のインパクトがあるでしょう。京都議定書は温暖化の原因がCO2と決め付けていますしね(^^; まあ、槌田説が本当だとしても日本が石油に頼るのは良くないことです。もちろん原発にもです。原発のウランだって100%輸入です。ということでエネルギー自給率は高めなければいけないし、大気汚染の原因になるものを燃やさないようにしなければいけないわけで、そうなるとやはり自然エネルギーでしょう。しかし、槌田氏は自然エネルギーには否定的です。あれは自己満足のオモチャにすぎないと言うのです。この部分に私は賛同できないのですが、これも一つの槌田説(^^;
(★★★★)

【被爆のマリア】
 田口ランディ
 広島・長崎の原爆にまつわる4短編による単行本。すべて現代の話で主人公は高校生から30代ぐらいまでと、若者にターゲットを絞ったかと思われる本です。おそらく彼女の読者層の中心はそこいらなのでしょう。彼らにとって原爆とは歴史の教科書に書いてある話でそれを身近に引き寄せるのはいったいどういうことなのか、というのがこの4短編なのかもしれません。
 本著はきっと著者の広島長崎取材によってできたものでしょう。3編目の磐神は彼女自身の取材の苦労っぷりが伝わってくるようです。
 取材結果は小説にしないで、ルポにしても良かったのではないかなと私は思うのですが、フィクションにすることで逆にリアリティが出るということもあるのかもね。実際この4編ともけっこう私の印象には残りましたし。
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱Windows計画(1)

 Windows歴 既に10年以上となっている私ですが、ここ数年linuxに移行できないかなと機会をうかがっていました。なぜ脱Windowsなのか!?理由をあげて見ましょう

★私が脱Windowsする理由(わけ)
1)マイクロソフトはやっぱりアメリカグローバリゼーションの象徴。誰がみても独占禁止法違反状態なのにあまりの独占故にそこから抜け出せない構造になっている。そういう状況を率先して打破しなければいけない。
2)重い。使ってるうちにどんどん重くなる、パッチをあてるとどんどん重くなる(^^; 高いスペックのマシンを必要とする。
3)コンピュータウイルスの蔓延。多発するセキュリティホール。危なくて使ってられない。

 つまり1つ目の理由はマイクロソフトのボイコットであり、2つ目3つ目の理由は現実的に使いづらいからということになります。
 この巨大マイクロソフトとコンピュータウイルスの関係はそのまま、アメリカ帝国とそれに対するレジシタンス活動に通じます。つまり、マイクロソフトが巨大で独占的である限りこの構造からは抜け出せないのです。

 今までは、かと言ってWindows以外の乗換え先がありませんでした。MACは一応ありましたが、あれもアメリカの製品だし、変に気取った感じがどうも肌にあわず乗換え対象とはなりませんでした。
 そこに現れた一筋の光がlinux。パソコンで動くUNIXはlinux以外にもありましたが、現在はこのlinuxが主流となっています。linuxはフィンランドのリーナス・トーバルズが開発したOSです。というわけでマークは北欧の象徴?のペンギンになっています。linuxはフリーでオープンソースであることが基本となっていますが、サポートなどを必要とする人のためには有料なパッケージもあります。それ故、世界中で同時多発的に開発され様々な版(ディストリビューション)があります。windowsは世界中どこに行っても同じwindowsですが、linuxは地域、用途やユーザーの好みによって違うのです。

 しかしlinuxは技術者が使っていたUNIXをベースに、技術者やPCオタクが自分達が使い易いようにつくったものだったので、一般ユーザーにはかなりとっつきにくいものでした。何か問題が起こると、コマンドラインで操作したり、エディタを開いて設定ファイルを編集する必要があるのです。また、Windowsで普通に使われているソフトがlinuxにはないという問題もあります。
 私もずっとlinuxに移行できないかなと思っていたのですが、なかなかふんぎりがつかなかったのです。
(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(64)

【モンドヴィーノ】 ジョナサン・ノシター
 ワイン業界とグローバリゼーションのドキュメンタリー。ワインにもグローバリゼーションが影響してるとはあまり意識していなかったのですが、ここでもアメリカ主導で進行しています。資本をたくわえ大きくなったワイナリーがヨーロッパだけでなく南米など世界中に進出しています。また、ワイン雑誌やワイン評論家の意見が市場を大きく左右しワインの味まで変えてしまっています。ワインのつくりかたも効率よくおいしいワイン(評論家うけするワイン)をつくるために様々な工夫(^^;?がされています。このまま行くと、ワインも炭酸飲料のように世界中どこに行っても同じ味の同じものが売っているようになってしまいます。大企業が効率化を求めるとこうなっちゃうんですよ。
 本作に出てくるワインはいわゆる高級ワインの部類に入るもので日本では7千円以上ぐらい売っているものばかりです。というわけで飲んだことないワインばかりなのですが(^^; 5千円以上のワインってもうワインの値段ではないような気が私はするのですが、どうなんでしょうか(^^;?
(★★★★)

【Little Birds -イラク 戦火の家族たち-】 綿井 健陽
 イラク戦争とイラクの人々を描いたドキュメンタリー。撮影も監督自身で小型のデジタルビデオカメラを手に持って一人で撮った映画です。ニュースステーションなどのニュース映像でも綿井氏の映像は使われましたが本作は人にスポットを当てた作品です。アメリカの爆弾で3人の子どもを失ったお父さん。目の中にクラスター爆弾の破片が入り取れなくなってしまった少女。そして侵攻してくるアメリカ兵たち。サマワにこもる自衛隊など。アメリカ人は特にこの映画を見て欲しいですね。自分達の軍隊がどんな人たちの上に爆弾を落としているかというのを。
 しかし、驚くのはクラスター爆弾の被害です。いたるところに子弾がごろごろ転がっているし、映画に登場する被害者の8割がたがこの爆弾によるものです。どこがピンポイント攻撃なのでしょう。これこそ無差別大量破壊兵器なのでは?
 本作が公開されたのは約1年前。dvdにはLittle Birdsのその後を追加取材した映像も入っています。
 現在のイラクですが、状況は良くなるどころか悪くなっています。治安は全く回復していないようですが、世界の注目度は下がり、日本の自衛隊も撤退するようです。アメリカはいったい何のためにイラクを攻撃したのでしょう!?
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「困ったときのテポドン」

 政府とマスコミがテポドンで騒いでいる。こういう時、政府は何か隠したいことがあるのだが、今回はやはり福井総裁だろう。この福井総裁問題は村上ファンドからの波及であった。村上ファンドは小泉改革5年間の成果があまりにしょぼかったのをごまかすために捕まえたはずだったが、金の亡者はみんなつながっていたので思わず福井総裁を釣り上げてしまった(^^; こういう困ったときのカードはやっぱり北朝鮮なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「mixiとの統合」

 mixiの方はmixiの方で日記を書いて行こうかなと思ってたのですが、半年に一回ぐらいしか書けないので(^^; BLOG(よこぜログ)の方と統合することにしました。mixiでもハンドルは”よこぜ”です。
 というわけでよろしく~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(136)

【ダークサイド・オブ・小泉純一郎―「異形の宰相」の蹉跌】 岩崎 大輔
 著者はフライデー記者。同誌に発表したものも含め小泉純一郎の取材記といった感じの本。私は小泉研究家でもあるので(^^; この本を読んで新たに知った事実というのはあまりないのですが、横須賀を中心とした彼の地道な取材ぶりが伝わってくる本です。小泉レイプ疑惑が活字になったのはこの本で2冊目ですが、総合的に判断して(^^;これは疑惑ではなく真実ですね。
 小泉総理を動かしていたのはなんだったのでしょう。本著も含め考察してみるとやはり”家族”なんです。彼は家族のために行動をしているのです。その中に離婚した奥さんは含まれていません(^^; 棚ボタ総理となり、パパの遺志をつぎ有事法制を成立させ、自分の選挙を応援してくれなかった郵便局を民営化でいじめ、彼のやりたいことはほぼ終わったのです。あとは引退してきっとそのうち横須賀の地盤を孝太郎に譲ることでしょう。彼こそが世襲政治家なのです。
 小泉改革5年の成果とはいったい何だったのでしょう。思い出してみましょう、小泉が総理になる5年前。911が起こる前です。今と比べてどうでしょう?5年前の方が今よりはるかに良い世の中だったような気が私はします。
(★★★★)

【辺野古 海のたたかい】 浦島 悦子
 著者は九州出身のルポライター。本著は、99年以降現在までの辺野古の闘争の記録です。著者自身もカヌーに乗り、ヤグラにのぼり阻止行動をやったのだそうです。
 辺野古について断片的には知っていたものの、どういう経緯で今に至っているかというのを私も良く知りませんでした。普天間全面返還だったのが、辺野古に代替ヘリポートを建設することになります。住民投票が行われ、反対派が過半数をしめます。この基地は10年かぎりの浮き島?の基地だったはずでしたが、軍民共用の恒久的な巨大基地へと計画が変わります。そして基地建設のためのボーリング調査が行われますが、結局断念。沿岸に滑走路を2本つくる計画に現在は変更になっています。
 そもそも海上基地の実現性はあったのでしょうか?本著によれば、海上基地の具体的な計画というのはほとんどありませんでした。海上につくる建造物。基地と陸地を結ぶ橋などについては何も計画が無かったそうです。つまり、海上にはもともとつくるつもりは無かったんでしょうね。アメリカだって使いづらく危険な海上基地なんか嫌なはずです。なんで海上にしていたかと言えば、これは計画先送りの手法だったということでしょう。
 前大野防衛庁長官はやめぎわに、辺野古沿岸案をアメリカと地元への連絡もなしに合意してしまいました。実に無責任で、これが政府の態度を象徴しています。
 そもそもは戦後60年もたつというのに今だに米軍がたくさんいることがおかしいのです。米国は日本を守っているのでしょうか?アジア中東への前哨基地にすぎないのではないでしょうか。
(★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「太陽オフィシャルサイト」

 まだ中身は何もないですが、天皇ヒロヒトの映画「太陽」のオフィシャルサイトができました。8/5から銀座シネパトス他で公開予定。

http://taiyo-movie.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「横須賀に原子炉」

 米軍は横須賀に原子力空母を配備しようとしている。原子力空母の母港になるということは原発ができるに等しい(予定の空母は30万KW級の原子炉二基を搭載)。原子炉は一度動かすと100%出力で動かさないと安定しないので、点検整備のとき以外は原子炉がフル回転していると考えてよい。大量の原子炉温排水が横須賀湾に流れ出す。この原子炉の冷却水を取りやすくするため横須賀湾はわざわざ浚渫工事される。
 おそらく横須賀湾に原発をつくるのは不可能だろう。しかし原子力空母が来るとなると、反対運動はあっても容認派も多い。危険性を知らないというのもあるだろうが、やはりアメリカが守ってくれるという幻想を抱いているからだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(64)

【ライフ・イズ・ミラクル】 エミール・クストリッツァ
 スラブコ・スティマチ、ナターシャ・ソラック。ボスニア紛争前のボスニアの片田舎の話。鉄道技師の息子ルカ(スラブコ)の息子はサッカー選手だったが紛争がはじまり徴兵される。そしてなんと敵の捕虜になってしまったらしい。一方ルカのところに敵方の女性が転がりこんできて、これも捕虜として軟禁することになる。
 のどかな田舎に突然やってきた戦争。当初は自分達とは無関係と思っていた戦争だけど徐々に身辺に戦争のにおいが漂ってきます。大自然と動物たち、そこにいる人間と戦争のコントラストが描かれています。
(★★★☆)

【ブラザー・ベア】
 アーロン・ブレイズ、ボブ・ウォーカ
 声の出演:ホアキン・フェニックス、ジェレミー・スアレス。ディズニーのアニメ映画。人々が狩猟をしながら暮らしている時代。主人公のキナイはある時クマになってしまう。思わずクマになってしまった彼は動物の世界、そして動物たちと人間の関係を知る。
 ベースはおそらくどっかに伝わる昔話なんでしょう。人と動物の共存、愛の大切さを訴えているアニメ。子ども向きなんでしょうが、まあ平凡な作品です。クマ好きのりんたん(2才のうちの子)はこのアニメが気に入ったようですが。
 フィル・コリンズの主題歌が耳に残りますが、日本語吹替えの歌もフィル・コリンズにすごく似ています(^^;
(★★☆)

【きみに読む物語】 ニック・カサヴェテス
 ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス。ある療養施設で、記憶をなくしたおばあさんにラブストーリーを読んで聞かせるおじいさん。おばあさんは熱心に読み聞かせられるその物語に聞き入る。原作は全米で大ベストセラーだそうだ。
 仕掛けつきのロマンチックラブストーリー。時代は第二次大戦の頃、お金持ちのお嬢様とブルーカラーの男が主人公。やっぱりお嬢様の家族は二人の交際に反対する。やや物語チックな感じなのですが、本に書いてあるラブストーリーだからこんなものでよいのでしょうね。古き良き時代?のアメリカの物語。
 白鳥の湖をボートでわたるという場面があるのですが、あれはアヒルじゃないのかな?まあ、物語だから細部はどうでもいいんです(^^;
(★★★☆)

【スチュアート・リトル3】
 オーデュ・バーデン
 声の出演:マイケル・J・フォックス、ジーナ・デイヴィス。前作までCGと実写の合成だったスチュアートが2次元CGアニメになって帰ってきました。主要キャラクターと声の出演も今までと同じなので、一応続きものとして見れますが、映画の雰囲気は全然違いますね。
 うちの凜殿はこのDVDが気に入りで既に100回ぐらいは見ています(^^; きっと子どものツボはおさえているんでしょうね。英語・日本語吹替はもちろん入ってますが、このDVDにはなんとスペイン語吹替まで入っています。歌までスペイン語になっているのでスペイン語学習のの教材としては最適かも(^^; スペイン語をしゃべるスチュアートもなかなかラテンな感じでいいよ。
(★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(135)

【内部被曝の脅威】 肥田 舜太郎、鎌仲 ひとみ
 今まで言われていた放射能の被害はベーター線、ガンマ線など外部から放射線をあびることによるものばかりでしたが、本著は食物や吸引することにより体内に取り込んでしまった放射性物質の被害に焦点をあてたものです。もちろんベーター線、ガンマ線の内部被曝もあるのですが、外部被曝ではあまり言及されることないアルファ線も内部被曝をひきおこします。アルファ線は紙1枚で遮蔽できる程度の範囲しか影響を及ぼさないのですが、体内に取り込まれてしまえば距離は0ミリですから大きな影響を人体に及ぼします。食物や吸引などにより体内にとりこまれます。劣化ウランの被害はこのアルファ線による内部被曝によるものとされています。
 肥田氏は自身もヒバクシャの医師で内部被曝をずっと研究しています。原爆破裂後に広島入りした人の中からも死者が出た原因はいったいなんだろう、ということでたどりついたのが内部被曝だったのだそうです。
 鎌仲氏は映画「ヒバクシャ」の監督で、映画を撮るようになった経緯そして内部被曝のメカニズムなどについても詳しく書いてあります。一部著作の”ドキュメンタリーの力”とだぶる内容もありますが。
 内部被曝は原爆が開発された当初から、研究者の間ではわかっていたようです。しかし、それが公になって、内部被曝を防ぐようにしなければならないとなると、核物質の管理が非常に難しくなるので”影響なし”ということにしているのです。世界にこれだけ核物質が広がってしまった現在もその状況は変わらず内部被曝の研究を発表しようとすると圧力がかかるのだそうだ。それも核が密接に軍事と関わっているからなのです。
 しかし、こうやって内部被曝というキワードで本が出るようになっただけでも大きな前進でこれから世界的に内部被曝が認知されるようになれば原発も劣化ウラン弾も世界的に廃止の方向へ向かって行くことになるでしょう。
 本著は専門的なことが非常にわかりやすく書いてありますので、原発大国の日本人は是非とも読んだ方がいいでしょう。
(★★★☆)

【ヒバクシャ―ドキュメンタリー映画の現場から】 鎌仲 ひとみ
 映画ヒバクシャから鎌仲監督の新作、六ヶ所村ラプソディーに至るまでの手記です。一部前記の”内部被曝の脅威”と”ドキュメンタリーの力”と重なる部分がありますが本著がそのあたり一番詳しく書いてあります。また映画の裏話や登場人物の話ももたくさん載っていて映画を見た人は是非とも読んだ方が良いでしょう。
 ”ヒバクシャ”はイラク、アメリカ、ヒロシマなど世界各地を巡る旅でしたが、六ヶ所村ラプソディーは六ヶ所村の人々を撮っているドキュメンタリーです。元は漁業と農業の町だった六ヶ所ですが、政府の思惑に翻弄されプルトニウムの町となってしまいました。工場の有害性を訴えれば土地や作物の価値が下がり食っていけなくなる。結局はその工場関連で働くか、補助金に頼るしかなくなってしまう。そういう悲しい姿が浮かび上がってきます。六ヶ所に限らず、いわゆる迷惑施設と言われるもののある場所はいつもこうなってしまいます。そして迷惑施設がどんどん集まってきてしまうというおぞましいことになってしまうのです(^^;
 とにかく、本著と映画とあわせて見ることをおすすめします。
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「強制捜査」

 今日、東京地検が村上ファンドが強制捜査すると報道されている。本来、強制捜査とは抜き打ち的に行われるもののはずだが、任意聴取に応じている相手にわざわざするらしい。これはマスコミを集めて強制捜査をしている映像を流させ、村上ファンドをさらしものにするのが目的だ。今回容疑とされているインサイダー取引は村上氏本人の自供が無ければ立件は難しいだろう。強制捜査で証拠が出てくるものではない。しかし、強制捜査をされることによって村上ファンドの信用はホリエモンのとき同様、一気に失墜。有罪無罪にかかわらず村上ファンドの命運はおしまいということになる。
 それだけの破壊力のある強制捜査なのだから、使い方を注意しなければいけないはずだが、目立つ相手に懲罰的使われている。検察は明らかにおかしくなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「共謀罪とNHK報道」

 6/1の朝7時のニュースで”共謀罪”、”教育基本法改定”、”国民投票法”など市民の反発が強い法案の今国会成立を見送るという報道を流していた。これは与党の今国会での事実上の敗北宣言だったはずだ。
 ところがこの日の午後、与党は方針を一転し、民主党案を丸呑みすることによりこの法案を通そうとした。この報道は16時のNHKニュースで流れたらしいが、NHK夜7時、9時のニュースではやらず10時のニュースになってようやく流された。そして翌朝の7時のニュースでは村上ファンドがトップニュースでこの共謀罪丸呑みで成立へというニュースは全くやっていなかった。

 夜10時のニュース以降ネット上は蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。おそらく相当の抗議が与党、民主党、マスコミへと送られたと思われる。また、今まで批判していた民主党案を丸呑みという節操のなさは党内からの批判もあったようだ。
 結果、6/2の午前中で与党は今国会での成立を断念した。しかし、今回の件で与党はこのように人ととしての基本も全く無い、嘘つきで節操なしで、いつでもだまし討ちをするということが明々白々となりました。NHKもその仲間で明らかな報道操作をしています。
 まだ国会は終わっていません。あの節操無したちは今国会で断念したと言っても信用できませんよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「今年のカンヌ映画祭」

 今年のカンヌ映画祭の受賞結果が発表されました。イギリス人監督 ケン・ローチの”THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY”がパルムドール、グランプリがフランス人監督ブリュノ・デュモンの”FLANDRES”。
 ”THE WIND THAT SHAKES THE BARLEY”はアイルランド内戦の話。”FLANDRES”はフランスのフランドル地方から中東に出兵し帰還した若者を描いた話。その他の受賞作、コンペ作も政治的、社会的な問題を扱ったものが多くなっています。もともとアート色の濃かったカンヌであるが、ここ最近傾向が変わってきているように感じます。これも911以降の強権的な世の中の反動なのでしょう。

 ちなみにこれも社会派映画でしょうが、ファーストフードネイションはあまり評判は良くなかったようで..。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「アル・ゴア主演の環境問題ドキュメンタリー」

 前々回のアメリカ大統領選に勝っていたはずなのに負けてしまった、アル・ゴアが主演する地球温暖化などの環境問題を訴えるドキュメンタリー映画"An Inconvenient Truth"(直訳すると"都合の悪い真実")がカンヌ映画祭に招待され、ゴアもカンヌ入りした。アメリカでもこの映画が先週から公開され話題になっている。ちなみにブッシュ大統領はこの映画を”たぶん見ない”と言っている(^^;
 ゴアがなんで環境問題なのかな?と思って調べたところ、彼は大統領候補となる前から環境問題の本を何冊も出すほどの専門家だったのです。今は世界を環境問題を訴えながら飛び回っているのだそうな。
 ブッシュが大統領となってから、アメリカは京都議定書から離脱し、911テロが起き、石油イラク戦争が起こってしまいました。ゴアが順当に大統領となっていたら世界は今とは全く違っていたのかもしれません(^^;;

 さて、この映画の日本公開は今のところ未定。公開すればきっと話題となると思うのですが....。


○FLIX MOVIE SITE【第59回カンヌ国際映画祭】ゴア元・米国副大統領、ブッシュ大統領をやり玉にあげる
http://www.flix.co.jp/page/N0008393

○An Inconvenient Truth オフィシャルサイト
http://www.climatecrisis.net/

○CNET Lessig Blog
http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/002851.html

○ゴアの著作”An Inconvenient Truth”
http://www.amazon.co.jp/gp/product/1594865671/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »