« 読書な毎日(135) | トップページ | コラムyokoze「横須賀に原子炉」 »

新最近みた映画(64)

【ライフ・イズ・ミラクル】 エミール・クストリッツァ
 スラブコ・スティマチ、ナターシャ・ソラック。ボスニア紛争前のボスニアの片田舎の話。鉄道技師の息子ルカ(スラブコ)の息子はサッカー選手だったが紛争がはじまり徴兵される。そしてなんと敵の捕虜になってしまったらしい。一方ルカのところに敵方の女性が転がりこんできて、これも捕虜として軟禁することになる。
 のどかな田舎に突然やってきた戦争。当初は自分達とは無関係と思っていた戦争だけど徐々に身辺に戦争のにおいが漂ってきます。大自然と動物たち、そこにいる人間と戦争のコントラストが描かれています。
(★★★☆)

【ブラザー・ベア】
 アーロン・ブレイズ、ボブ・ウォーカ
 声の出演:ホアキン・フェニックス、ジェレミー・スアレス。ディズニーのアニメ映画。人々が狩猟をしながら暮らしている時代。主人公のキナイはある時クマになってしまう。思わずクマになってしまった彼は動物の世界、そして動物たちと人間の関係を知る。
 ベースはおそらくどっかに伝わる昔話なんでしょう。人と動物の共存、愛の大切さを訴えているアニメ。子ども向きなんでしょうが、まあ平凡な作品です。クマ好きのりんたん(2才のうちの子)はこのアニメが気に入ったようですが。
 フィル・コリンズの主題歌が耳に残りますが、日本語吹替えの歌もフィル・コリンズにすごく似ています(^^;
(★★☆)

【きみに読む物語】 ニック・カサヴェテス
 ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス。ある療養施設で、記憶をなくしたおばあさんにラブストーリーを読んで聞かせるおじいさん。おばあさんは熱心に読み聞かせられるその物語に聞き入る。原作は全米で大ベストセラーだそうだ。
 仕掛けつきのロマンチックラブストーリー。時代は第二次大戦の頃、お金持ちのお嬢様とブルーカラーの男が主人公。やっぱりお嬢様の家族は二人の交際に反対する。やや物語チックな感じなのですが、本に書いてあるラブストーリーだからこんなものでよいのでしょうね。古き良き時代?のアメリカの物語。
 白鳥の湖をボートでわたるという場面があるのですが、あれはアヒルじゃないのかな?まあ、物語だから細部はどうでもいいんです(^^;
(★★★☆)

【スチュアート・リトル3】
 オーデュ・バーデン
 声の出演:マイケル・J・フォックス、ジーナ・デイヴィス。前作までCGと実写の合成だったスチュアートが2次元CGアニメになって帰ってきました。主要キャラクターと声の出演も今までと同じなので、一応続きものとして見れますが、映画の雰囲気は全然違いますね。
 うちの凜殿はこのDVDが気に入りで既に100回ぐらいは見ています(^^; きっと子どものツボはおさえているんでしょうね。英語・日本語吹替はもちろん入ってますが、このDVDにはなんとスペイン語吹替まで入っています。歌までスペイン語になっているのでスペイン語学習のの教材としては最適かも(^^; スペイン語をしゃべるスチュアートもなかなかラテンな感じでいいよ。
(★★☆)

|

« 読書な毎日(135) | トップページ | コラムyokoze「横須賀に原子炉」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/10454622

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(64):

« 読書な毎日(135) | トップページ | コラムyokoze「横須賀に原子炉」 »