« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

読書な毎日(132)

【アメリカ帝国の悲劇】 チャルマーズ・ジョンソン
 世界中に基地を置くアメリカの実態をあぶりだした本。著者はアメリカ人で軍歴もある政治経済学者。アメリカは自国以外の33カ国に725もの基地(軍人100人以上)を持ち、25万人(家族も入れると50万人。日本には4万人、家族も入れると9万人)が海外に駐屯しています。これは2001年9月時点の平時のデータなので、この後基地も海外に派兵されている軍人も増えています。本来、軍隊というのは自国を守るためのものであって自国でもないところに基地があるのはおかしいはずなのですが....。
 アメリカの基地が多くある場所には共通点があります。日本、ドイツ、韓国、そして現在中東地域に着々と建設をすすめています。つまり、アメリカの基地がある場所はアメリカが戦争に勝利し、占領している場所なのです。日本人は独立国のつもりでいますが、まだアメリカが占領しているのです(^^; この事実をアメリカ人もほとんど知らないそうです。著者地自身も軍歴があるのですが、そんな実態は知らず、あるとき沖縄に招かれてその基地の多さにびっくりして調査したところこの驚愕の実態が明らかになったというのです。
 本著は基地のことだけでなくアメリカの軍事全般について広く分析しています。また財政問題、アメリカの戦争の歴史についても詳しく書いてあります。アメリカがやってる戦争はいつも自作自演で開戦し相手を打ち負かしたあとはご褒美として、その土地をもらい基地をつくりできることならそこに永久にとどまるのです。まるで寄生虫のようだ(^^; その基地は名目としてその国を守るということになっていますが、実態は単なる米軍のリゾート施設だったり、米軍のための補給基地であったり、その土地を支配するための拠点にしかすぎないのです。彼らは外国なんか守るつもりはさらさらありません。ちなみに沖縄は人気のリゾート基地なんだそうです(^^;
 ちなみにイラクからアメリカは撤退する様子がありませんが、彼らはあそこに居座って周辺の石油を奪い取る拠点としたいから、帰るつもりなんかないのです(^^;
 アメリカが戦争をする要因はいくつもあるのですが、その第一は石油。イラクで戦争したのもやはり石油のため。中央アジアであやしげな動きをしているのもカスピ海の石油のため。また、アメリカの産業というものが完全なる軍産複合体となってしまっていることも戦争の原因。戦争がないと仕事がなくなってしまう人、金儲けができない人がたくさんいるのです。だからアメリカには戦争が必要なのです。
 そんなアメリカですが、なんで悲劇なのか!?こんな滅茶苦茶なことをやっていれば長続きするはずがない。アメリカ帝国は近いうちにまわりの国々、すなわち日本も巻き込んで崩壊する。それが悲劇ということなのです。
(★★★★☆)

【リアルジャパン〈Vol.1〉】 ベンジャミン・フルフォード編
 フルフォード編のムック。中曽根元総理や、中丸薫、ロバート・ホワイティング、カレル・V・ウォルフレン、宮崎学などとのインタビュー。天木直人や寺澤有などの手記など各界の多彩な面々が登場します。かねてからフルフォードは映画を撮ると言ってますが、その元ネタになりそうな感じの本です。
 フルフォードの本については何冊も読んで感想書いてますがこの本もその延長線上にあります。今回登場する面々はそれぞれ興味深いこと言ってるのですが、その中でも特に印象に残ったのは、宮崎学の言ってる内容。ヤクザの利権を警察が奪っているという話(^^;
 まあ、とにかく本著は多くの人に読まれるべきです(中曽根のところは別に読まないでもいいけど(^^;)。真の日本について皆知らなすぎるのです。
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「American Dreamz」

 4/21全米で「American Dreamz」という映画が公開されました。ブッシュ政権をおちょくったコメディ映画。「アメリカンパイ」、「アバウトアボーイ」のポール・ワイツ監督の作品で、ブッシュをデニス・クエイド、チェイニーをウィレム・デフォーが演じているそうです。とにかく、オフィシャルサイト(↓)を見てください。日本ではいったいいつ公開されるのかわかりませんが、はやく公開してほしいですね! 日本でも小泉をおちょくる映画誰かつくらんかい!

http://www.americandreamzmovie.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「耐震偽装の幕引劇」

 耐震偽装のプレーヤーたちがまとめて逮捕されるらしい。しかし、耐震偽装とは直接関係ない容疑ばかりである。今回の逮捕は逮捕することにより制裁を与えたという幕引劇の意味しかないだろう。本件がなぜ起こったという根本問題には何の影響もない。しかしこんな陳腐な幕引劇でもマスコミはきっと大騒ぎだろう。こういう期間は何か他に騒ぎになってほしくない政府案件が発表されたり、審議されているのだが、今回は”共謀罪法案”がそれのようだ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(131)

【ライブドアショック・謎と陰謀】 大村 大次郎
 元国税調査官が暴く国策捜査の内幕というサブタイトルがついています。ライブドアに強制捜査をしたのは東京地検でしたが、あれは強制捜査をするような事件だったのか?明確な法律違反だったのか?著者は国税調査官、すなわち脱税を告発するお役人だったわけですが、同じお役人から見てあの強制捜査は異例のことだったそうです。
 まずホリエモンが逮捕された容疑ですが、どれをとっても明確な法律違反なものはない、と著者は言っています。確かにグレーゾーンをついてはいるが、法律違反ではない。法律の抜け穴を通ろうとする人たちは、明らかな法律違反はやらないと著者は言います。著者の見たところライブドアはむしろクリーンな企業の部類に入るそうです。
 言われている粉飾決算についても、通常粉飾決算をやる会社というのはつぶれそうなのを隠すためにやるものです。ライブドアの場合は昇り調子の会社でした。利益を多めに計上すると、税金が増えるので普通会社は利益を隠そうとします。これが脱税で、ライブドアのような粉飾は今まで日本にやる会社はいなかったし、これで逮捕された経営者もいなかったのです。それをいきなり強制捜査というのはやはりやりすぎで、”注意勧告”などをして改められないなら、逮捕すればよいのです。
 株価吊り上げの風説の流布というのも、企業は企業価値を上げようとして合併したり、計画を発表したり、新製品出したりしているのですから、そんなことで逮捕されたらたまったものではありません。ちなみに今回ホエリモンにインサイダー取引の容疑は出ていません。なぜならインサイダー取引だったら一発で逮捕だからホリエモンはそんなことはしていないのです。
 というわけで本著を読んでみれば、ホリエモンが逮捕された根拠がかなり怪しいとわかります。ホリエモンは今も獄中ですが、著者はホリエモンは微罪か、無罪に終わるだろうと見ています。そんなホリエモンをなんで逮捕したかと言えば、やはりそれは他の事件を打ち消すためだった、と著者は見ています。特に耐震偽装の問題です。結局耐震偽装も防衛庁も、ホリエモンうやむやになってしまいましたね(^^; つまり無情の小泉総理が自分が助かるためにホリエモンをイケニエにしたというストーリーなのです。
 ちなみに沖縄で死んだホリエモンのお友達は自殺と著者は見ています。なぜならああいう場面で金庫番が自殺する場面を何度も見ているからだそうです。一方のフルフォードはあれはヤクザ殺と見ていますがね(^^; つまり、こういう場面のよくある自殺は実はいつもヤクザ殺なんじゃない(^^;
 まあ、とにかくホリエモンバッシング一色の報道に一石を投じる本著を是非読んでみてください。
(★★★★☆)

【100%ムネオマガジン】 イーストプレス編
 鈴木宗男をテーマにした本。松山千春との対談。娘の鈴木貴子さんのインタビューなどが載っています。ムネオバッシングのときは悪の政治家の代表みたいな扱いでしたが、新党大地での政界復帰後はマスコミへの露出も増え、外務省を中心とした悪と闘う政治家ムネオというブランドができてしまいました。本著はそのブーム?の最中に出た本です。松山千春との熱い友情、娘の父親愛などがあふれた本です。松山千春のお父さんはなんと共産党なんだそうです。なのになんでムネオを応援していたかというと出身校が同じという縁とムネオの人柄に惚れてのことだったのです。ムネオバッシングの最中、獄中でも常に彼を応援していたのが千春だったのです。
 ムネオの選挙応援で一躍有名になってしまった娘の貴子さんですが、あの応援もパパが好きだったからというのが本著からわかります。身内や近い友人からこれだけ慕われているのですからムネオは人間的魅力がある人なんだと思います。
 本著からはわかりませんが、政治家としてのしたたかさも持っていて、自民党を破滅に追いやるようなことはムネオは今のところ言ってません。おそらく機会あれば彼はやはり自民党に戻って、自民党議員として政治をやりたいのでしょう。もう自民党なんか見切りをつけて北海道を日本から独立させるぐらいの気合でいいと思うんですけどね。
(★★★)

【NGO、常在戦場】 大西 健丞
 ピースウィンズジャパン(PWJ)の代表、大西さん初の著作。著者がなぜPWJをつくったのか、そして何をやってきたのかということが書いてあります。PWJは最初キルギスタンの援助からはじまっていて、今や世界に何箇所も拠点がある日本を代表するNGOになっています。元は数人ではじめたNGOでしたがなぜここまで大きくなったのか。それは代表の集金力によるものなのでしょう。日本政府をはじめ、大企業などから数千万円単位の大きな資金を引き出しています。PWJの転機となったのはやはりあの宗男の恫喝事件と言ってよいでしょう。この事件についても本著に書いてありますが、宗男を権威的な政治家として批判しています。
 組織を大きくした大西さんですが、彼のやり方はワンマン社長みたいな感じ。登場人物は呼び捨て。不思議なことに彼の友人と呼べるような人は本著には一人も出てきません。すべて部下(^^; だからこそこのNGOは大きくなったのかもしれませんが....。
 災害が起きるとすぐに現地にスタッフを派遣、資金をとりつけ物資を送り込みます。各国NGOとシノギを削り、日の丸を打ち立てて援助を行う。その様はNGOというより、軍隊か商社かという感じです(^^; タイトルに戦場という文字が入っていますが彼らの行く場所は大抵危険な地域です。つまりは政府のできない危険な仕事を請け負っている人たちなのです。本著にはムネオ批判はありますが政府批判と言えるような部分がほとんどありません。イラク戦争についても、”911が起こった時に、私はアフガン経由でこれはイラクまで行くぞ”と思ったみたいな書き方をしています。こんな戦争を起こしてはいけない、という批判精神はゼロで世の中はそういうものだという妙に冷めた感じです。本著の元となった大西さんのコラムがスタジオジブリの会報誌に載っていたというのはきっと偶然ではないのでしょう(^^;;
 NGO、NPOと言った場合にマスコミは一緒くたにしていますが、PWJは政府のやりたくない、できない仕事を政府の変わりにするNGOと言ってよいでしょう。つまり政府側NGO。私の知人のいるNGO、NPOとPWJが全く交流ない訳が本著を読んでよくわかりました(^^;
(★★☆)

【この時代に異議あり】 鎌田 慧
 著者が新聞雑誌などに最近書いたコラムや論文をまとめたもの。タイトルの通り、小泉政権や企業ジャーナリズムの批判などが中心となっています。第三文明という学会系の雑誌に、週刊新潮批判はかなり辛辣です。そういえば、新潮はよく学会を批判してますもんね(^^; 新聞が書かないネタを夕刊紙や週刊誌が書くのでこれらの雑誌に存在意義はあるのですが、あまりにもいい加減な記事が多すぎます。しかもそういう記事はたいてい、反抗できない弱者を叩くもので、これも今の日本社会を象徴しているのかもしれません。
(★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「休刊日」

 休刊日の今日、朝から防衛庁長官がNHKの生中継で 普天間移設=辺野古新設 の話を延々としていた。”住民に配慮して滑走路を2本にする案を考えた”と自慢気に語っていたが、滑走路が2本ということはつまり基地の規模が2倍になったということだ。そもそも辺野古の沖合に強行してつくろうとしていた基地はヘリポート(1997年の住民投票では否決されている)だったのだが、いつの間にか固定翼機の2本の滑走路になってしまった(^^;
 もともと米軍は沖合のヘリポートなんか嫌だったのだ。それを地上の2本の滑走路にしたのは”米軍に配慮した”結果だ。それを”大胆な案だ”と持ち上げるNHKって誰の代弁者(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「12年ぶりの韓国」

 私は韓国に行くのは二度目。前回行ったのは社会人になる直前のことだったので、12年前ということになる。その時は確か二泊ぐらいしたのだが、あの時の韓国と何が変わったのか。一番の違いは街のニオイだ。あのときは空港についたときからキムチのニオイがした。しかし、今回は街に漂っていたキムチ臭がすっかりしなくなっていた。街の様子も変わっていた、というより限りなく日本の街と同じような雰囲気になっていた。こぎれいで整然としているが車がブーブー走り回っている。ハングル文字さえなければ日本のどこかの都市と見まがうほどである。ソウルの繁華街、明洞(ミョンドン)は渋谷のようだ。狭い通りを着飾った若者が行き交いごった返している。
 広い道路に車が我が物顔で走っているのは12年前と変わらないが、そこを走っている車はピカピカでドイツ車のような重厚なデザイン。だがよく見ると韓国車だ。12年前は日本車のコピーみたいな韓国車がたくさん走っていたのだが、そういう車はいなくなった。また、荷物を山のように積んで走るバイクは全く見かけなくなった。バイク自体がほとんど走っていない。
 そんな韓国だが、12年前に感じられた人々のエネルギーが感じられなくなっていた。良く言えば日本同様、成熟社会になったということなのだろう。それを証明?するかのように物価もエラク高くなり(日本とほぼ同じ)、Made in China があふれている。日本と韓国の違いは今や言葉ぐらいのものではなかろうか。ある意味面白味が無くなったと言えるが、経済格差の無くなった今、EUのように韓国と日本の国境をほとんど取っ払った形にしても問題は無いと言える。韓国と北朝鮮の国境を取り払うより、余程簡単なのではないだろうか。EUだって言葉も文化も違うけど、ああやって国境を取り払ったのだ。竹島(独島)なんてちっぽけな島の領有権を争ってる暇があるのなら、ユーロスターのように日本と韓国の間に鉄道を通してみるといい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「韓国と焼肉」

 先週末、韓国旅行に行ってきました。韓国に行ってきたという話をすると不思議と”焼肉おいしかった?”という風に聞かれる。我が家は普段から焼肉というのはあまり食べないので、韓国に行っても食べなかったのだが、韓国=焼肉 というイメージが一般的にはあるらしい。確かにソウルにも焼肉屋はたくさんあった。しかし、韓国焼肉って韓国の牛なのだろうか?という疑問を持ち、ちょっと調べてみました。
 まず、韓国の焼肉ですが歴史は浅く日本同様広がったのは戦後の話。またBSE問題に関しても日本同様の対応をしており、アメリカからの牛肉輸入を禁止しています。アメリカでBSE問題が出る前は韓国の焼肉もアメリカ牛がメインだったそうです。今は輸入先をオーストラリアに変えていますが、値段はアメリカ牛を輸入していたころの2~3倍にもなっているようです。

 日本の報道だと日本政府だけが他国に比べて特別厳しくBSEに対応しているようにやっていますが、どこの国も同じなんですよね。安いからってアメリカのインチキ牛なんか食べたくないんです。

 ちなみに韓国(ソウル)の物価感覚はほぼ日本と同じか、むしろ高いぐらい。日本より安いなと感じるのはタクシーぐらいのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(130)

【グッバイ・ゾンビーズ】 ベンジャミン・フルフォード
 フルフォードの最新刊。ゾンビーズというのは小泉総理、竹中、武部議員などのことを指しています。今までのフルフォード節の延長上の本ですが、耐震偽装、郵政解散、ホリエモン逮捕など最新のトピックにも言及しています。
 今のままだと2008年に日本は破綻する。かなり時期を逸しているがまだ間に合う。あのゾンビー達を追い出せ!例によって経済関連とマスコミ、ヤクザの話が多いですが、鈴木宗男、天木直人さんなどにもインタビューしています。かねてからフルフォードはドキュメンタリー映画を撮ると言っていますがそのメイキングともなりそうな部分もあります。本著の中でも言ってますが彼がやろうとしているのは日本のマイケル・ムーアなんです。フルフォードはまた、雑誌も出すと言ってましたがそれもつい先日「リアルジャパン」という名前で創刊しました。有言実行の彼なら、本当に日本のマイケル・ムーアになるかもよ!
 彼の本を読んだことない人も是非とも本著を読んでみてください。彼はカナダ人ですが日本人以上に日本が気に入っていて、日本を憂いているのです。外人が外から批判してるのではなく、彼は日本人として日本を変えて行こうとしているのです。
 今、一番元気がある反小泉派の論客と言えば彼ぐらいになってしまいました。というわけで私も彼を盛り立てていこうと思っています。早く日本の華氏911をつくってね!
(★★★★☆)

【敗北を抱きしめて(上)(下)】
 ジョン・ダワー
 太平洋戦争で日本が敗北し、その後日本はどうなったのかというルポ。主に1945年から1951年のサンフランシスコ講和条約までの期間について書かれています。ピューリッツアー賞受賞作。
 天皇、戦争責任、憲法、占領政策、庶民の生活や思想の変化、などについて書いてあります。この時代は日本人は触れたくない時代なのか、どこでも読んだことない話が満載されています。敗戦後、日本人はがんばって働き、朝鮮戦争の特需で復活をとげ高度成長時代に入っていったというのが日本の歴史の教科書に書いてある話ですが、戦後混乱期はそんな平板に過ぎたわけではないのです。日本は敗戦し、事実上1951年まではアメリカに占領された状態だった。その中で、天皇は人間になり戦争責任は問われず何故か日本の象徴となります。また、責任問われるべき人がなぜか無罪放免となりその後首相になったりもします。なぜこうなったかと言えば、そうした方がアメリカが占領しやすかったからです。戦前からの官僚制もそのまま温存され、財閥も形を変えて残りました。これもアメリカが日本を占領しやすくするためです。
 知らなかった話ばかりなのですが、戦後アメリカは日本のマスコミを情報統制していました。アメリカの占領政策の批判、また海外情勢までをも統制していました。日本のマスコミは妙に自主規制しますが、そのスピリットはこの時代にうまれたのかもしれません。また、日本人の無責任体質というのも、本当は責任をとるべき天皇が何事もなかったように天皇であり続けたというところから受け継がれているのかもしれません。
 日本人が思い出したくなかった日本の戦後が書いてあるのですべての日本人が読むべき本です。また、アメリカ人の知らないアメリカのやり方が書いてあるのでアメリカ人も読むべき本です。
(★★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「光回線やっと復活!」

 本日の11時ごろ、不通になっていたTEPCO光の回線が復活しました。旅行に行っていたせいもありますが、九日間も不通でした。原因は、電柱上の光回線が切れていたそうです。各種電線が集合しているところで切れていたそうで、風で切れたのか誰かが間違えて切ってしまったのかわかりませんが......。
 しかし、今回回線が切れて随分不便な思いをしました。不通なのがわかったのが3/23の帰宅後18:00ぐらい。この時点では、障害の原因がどこにあるかわかりません。ルーターのランプが点滅していたので、最初はルーターが壊れたのかと思い、説明書を探す。なかなか見つからずやっと見つけ、光回線がLINKしてないかもしれないという意味の点滅とわかる。どうやらルーターは壊れていないらしい。で、光メディアコンバータのランプを見ると、OPTというランプが消灯している。このランプについての説明書は探したけれどどこにも無い。意味がわからなかったのですが、おそらく光回線のLINKが切れているのだろうと推測できた。いつもなら、何かわからないことがあったらインターネットで検索するのだがそれもできない(^^;;
 この障害は光回線が切れているか、光メディアコンバータの故障だろうと推測できた。そこで障害があった場合の問い合わせ先を探してみたのだが、なんとTEPCO光の説明書にはどこにも連絡先が載っていない(^^;;
 仕方ないので、翌日会社に行って会社の端末からインターネットでTEPCO光の障害対応窓口を探してみたがなかなか見つからない。ようやくそれらしきページを見つけるがそこをよく読むと、プロバイダのniftyに問い合わせろと書いてある(^^;; なんじゃそりゃ!というわけで今度はniftyのサイトで対応窓口を探す。そこを読むと問い合わせはメールか、電話の場合は登録してある自宅の番号と書いてある。その番号は私の場合はもちろん不通のIP電話だ(^^;; というわけで仕方ないので、メールで問い合わせをする。明日からは韓国へ旅行だ、本日中に返答が帰ってこないとこちらもレスポンスができない。結局帰社までに返事は戻らず、翌日の14時ぐらいにその返答は帰っていた。
 韓国からの帰国後、3/30に会社でメールを読む。そこには回線の状況について返答を求めるアンケートが載っていた。こちらとしては十分な説明しているつもりなのにまだ、アンケートに答えさせるのか!仕方ないのでそのアンケートに答える。そして、ようやく4/1(土)に光回線の修理をしてくれることになり、復旧したのであった。
 しかし、一般質問と障害受付窓口を分けることはできないのでしょうか?今回の件も障害窓口さえあればおそらく障害の翌日には復旧していたはずです。そういう受付電話つくるといろんな質問がかかってきて対応できないということでつくっていないのでしょうが、なんとかしてほしいね......。私の落ち度はゼロというのに9日間もつながらないんでは困るんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »