« 新最近みた映画(61) | トップページ | コラムyokoze「いつまでやってるの?メール問題」 »

コラムyokoze「今年のラジー賞&アカデミー賞発表」

 今年のラジー賞とアカデミー賞が発表されました。

 アカデミー賞は「ブローク・バック・マウンテン」が独占するのではないかと見られていたのですが、なんと超穴馬とも言ってよい「クラッシュ」が作品賞をとってしまいました。玄人好みの小品のようでが、暴力シーンや汚い言葉が多いということで「最も俗悪な映画賞」をファミリー・メディア・ガイドで受賞しています。子ども連れて見に行く映画ではないようですね(^^;
 なんでこの映画がとったかと言えば、ゲイに寛容なハリウッドでもゲイの映画には賞をあげたくなかったということなのでしょう。監督賞はとりましたが主演男優賞も逃したところ、そのあたりの意図を感じます(^^; ユダヤ批判の込められているミュンヘンにはあげられないし、アカ狩りの「グッドナイト&グッドラック」にもあげたくない、というわけで消去法でカポーティには主演男優、クラッシュには作品賞がいってしまった。
 ちょっとだけハリウッドの良心を感じるのはCIAと石油と戦争の関係の映画「シリアナ」のジョージ・クルーニが受賞したとこ。
 その他の注目としては、アニメ賞はやはりハウルは受賞できず、ウォレスとグルミットにいってしまいました。ドキュメンタリー部門は最も物議を醸さないと思われる「皇帝ペンギン」が受賞(^^;

 ラジー賞の方は「Dirty Love」という日本では公開されないだろうC級作品が主要部門を独占。こんな映画選んでも面白くないのにね(^^;; 助演男優賞でスターウォーズ3のH・クリステンセン(ダースベイダー)が選ばれているのが唯一注目に値するぐらいでしょうか。

|

« 新最近みた映画(61) | トップページ | コラムyokoze「いつまでやってるの?メール問題」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/8970328

この記事へのトラックバック一覧です: コラムyokoze「今年のラジー賞&アカデミー賞発表」:

« 新最近みた映画(61) | トップページ | コラムyokoze「いつまでやってるの?メール問題」 »