« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

コラムyokoze「トリノ終わって」

 トリノオリンピックが終わった。メダル一個ということで比較的静かなオリンピックだったが、変わりに変に盛り上がったのが永田議員のメール。おかげで4点セット(耐震偽装・牛肉・防衛庁・ホリエモン)は吹っ飛んでしまった。民主党の対応もお粗末だが、マスコミも追求するところが違うんじゃない?というわけであぶり出されたはずの問題点は、結局何も改善されずに、また闇の中に見えなくなってしまうことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(130)

【響きと怒り―事件の風景・事故の死角】 佐野 眞一
 ノンフィクションライターの佐野氏が近年日本で起こっている事件・事故などについて取材したもの。阪神大震災、信楽高原鉄道事故、尼崎鉄道事故、JCO臨界事故、16歳少年のバスジャックなど。阪神大震災などは天災ではあるのですが、人災の面も非常に大きくこれらは共通するポイントが多々あります。いくつかポイントがありますが、効率主義、安全よりコストダウン優先、ばれなければいい、まさかのときのことは考えない、責任者が責任を取らない無責任体質など。これは何も今に始まったことではありませんが、小泉改革によりますますこの傾向は加速しています(^^;; 大騒ぎになっている耐震偽装の問題も根は同じです。姉歯建築士一人の責任にしようとしていますが、阪神大震災のときからこの問題は顕在化していたのです。しかし、ヤバイ建物はさっさと犯人たちが片付けてしまい、手抜き工事の問題は何も改善されなかったのです。この教訓が生きての今の耐震偽装なのかもしれません。つまり、大地震が来てつぶれてしまえばもう何もわからないので、鉄筋なんか少なくしといたっていいんだ、ということです(^^; 鉄道事故についてもそうです。信楽鉄道のときに問題は顕在化していたのですが、その教訓は何も生かされず尼崎の事故が起こっています。そして結局これらの事故の教訓はほとんど生かされずまたいつか同じような事故が起こるのです。こわいですね、日本ってそういう国なんですよ(^^;
 佐野さんの取材力にはいつも驚かされますが、本著はすべての人に読んでほしい本です。マスコミの取材がいかに薄っぺらいかということが本著を読むとわかるでしょう。著名な佐野さんの本ですから、もっと話題になっていいと思うのですが、自分達の至らなさが白日の元にさらされてしまうからマスコミは本著をあまり取り上げたくないのかな....。
(★★★★☆)

【戦争の後に来たもの】 郡山 総一郎
 カンボジア取材の写真集。内戦後のカンボジアの貧困と戦争の傷跡についての写真が多いです。私もカンボジアに行くまでは、アンコールワット、内戦、難民、ポルポト、地雷というイメージあるぐらいで何がどうなっているのか詳しいことはわかりませんでした。行くにあたり、予習して望みましたがカンボジアどういう苦難の時代を超え今はどうなっているかということをあまりにも知らなかったということに気がつきました。日本人はアメリカの方ばかり向いていますが、もっとアジアに目を向けるべきです。
 カンボジアについてはポルポトの虐殺に関しての本はけっこう出ているのですが現状どうなっているかという本が少ないです。本著は2005年に出版されたもので、現代カンボジアの一面を写し出しています。
(★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(60)

【ヒトラー ~最期の12日間~】 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
 ドイツ映画。ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ラーラ、ユリアーネ・ケーラー。ナチスドイツのヒトラー最期の12日間を描いた映画。彼の秘書の一人からの視点でヒトラーを描いています。ソ連軍がベルリンに迫り、ベルリンは陥落直前。しかし、ヒトラーもその周辺の人たちも降伏するつもりはなかった。
 監督も俳優もドイツ人で固めています。ドイツ人がヒトラーに向き合ってつくった映画と言って良いでしょう。前段の説明は何もなしに、崩壊直前のナチスの地下要塞から映画ははじまります。最後まであきらめないというか、引き返せない状況になっているヒトラーと第三帝国。彼とその国民はどうするのか?
 地下のシーンとしゃべりの場面が多く地味な映画ではあるのですが、ナチス崩壊の切迫感が全編に漂っていて緊張感のある映画です。
 戦後60年たってドイツはこういう映画がつくれたのでしょうが、日本はどうですかね。皇位継承がなんたらかんたらと騒いでるレベルじゃどうしようもないですね(^^;; まあ、日本人がつくれなくともソクーロフ監督の太陽は誰か公開して....。
(★★★★☆)

【ロング・エンゲージメント】 ジャン=ピエール・ジュネ
 オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル。第一次大戦下、恋人が戦死したと知らされるがトトゥは信じず彼の足跡を追う。その過程で彼女の恋人を含めた5人が、故意の負傷をしたという容疑で軍法会議にかけられ死刑を宣告されていたこと知る。
 恋人含め5人がなぜ死刑宣告されたのかということをたどることにより、戦争というものがいかに非生産的であり不条理なものであるかというのが浮き彫りになっていきます。
 前半はやや冗長的なところもあるのですが、クライマックスに行くに従いパズルのピースがはまっていき、恋人がどうなったかというのがわかっていきます。もう一回ぐらい見ないと各キャラクターの性格がちょっとわかんないかな。
 映画の画面をわざと黄色っぽくして古っぽいイメージつくってるんだと思いますが、ちょっと見づらいなというのが私の印象でした。よくできた映画だと思うけど、なんかちょっと物足りなかった。
(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「証拠のメール!?」

 この前のライブドアのガサ入れの際、検察はメールサーバを押収した。しかし、”メールサーバ解析の結果、こんな事実がわかりました”という報道は一つも出ていない。関係者がああ言ってた、こう言ってた、”メールを出した”という供述はあっても、メール自体が証拠にはなっていない。今の司法ではやはりメールは証拠にはならないのだろう。結局のところ、検察はメールサーバの解析などしておらず(できない、やる気もない)、事情聴取の際にプレッシャーを与えて自白させるために押収したに過ぎないのでは(^^;?
 今、国会で武部議員の息子にホリエモンの指示で3千万円振り込んだというメールで大騒ぎになっている。民主党はこのメールの次の手を用意しているものかと思っていたのだが、どうやら何もないらしい(^^; この証拠のメールにしてもPGP署名でもあれば良かったのだが、プリントアウトした紙っぺら1枚だけのようだ。そもそもメールで3千万円の支出を社長が指示する会社ってあるんだろうか?こんな程度の証拠だったら出さない方が良かったんじゃない(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「バッシング公開決定」

 小林監督のバッシングがついに、公開されることになりました。東京フィルメックスのグランプリがやはり効いたのかな?東京圏ではシアターイメージフォーラムで5月末からだそうです。まずは良かった。ホテル・ルワンダのように話題になるといいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新最近みた映画(59)

【ドッジボール】 ローソン・マーシャル・サーバー
 ベン・スティラー、ヴィンス・ボーン、クリスティーン・テイラー。アメリカで予想外の大ヒットとなったコメディ。最新ハイテクスポーツジムの隣の昔ながらのスポーツジムの経営者ボーン。客がみんなお隣に奪われ資金難でそろそろ廃業しようかと考えている。ところがこのジムが気に入ってる人たちもいるのだ。ドッジボール大会に出て賞金を稼げば、いいんだ!
 ナンセンスコメディではあるのですが、勝組と負組の対比、過剰なまでのアメリカ人の健康志向を皮肉ってもいます。日本にもこの状況は当てはまるんじゃない!?
 なんと言っても強烈でおもしろいのが、ベン・スティラーのキャラクター。時々はこんな映画をつくって欲しいですね。
(★★★★☆)

【下妻物語】 中島哲也
 深田恭子、土屋アンナ。嶽本野ばら原作。茨城県下妻市に住む二人の高校生が主人公。方やフリフリ系ファッションに身を包み、方やヤンキー。何故か気が合うこの二人。
 東京の惑星都市とも言える下妻。東京まで行けばなんでもあるが、下妻にあるのは田んぼと牛とジャスコだけ(^^; この構図は今の日本の地方都市を象徴しています。大資本がつくったスーパーで皆、安い買物して、同じような服を着て同じようなものを食べている。地方の特色はどんどんなくなっていく。主人公の二人は種類の違うオタクです。一応自分の世界を持っていますがそれを信奉するあまり、自分の世界以外の人と交わる機会が少なくなっています。 こういう設定のもとで、話はコメディタッチで進みます。中心はこの二人の友情ですかね。
 映像などが非常に凝っています。このスタイルは受け付けない人もいるだろうけど、ハマルときっと楽しいでしょうね。本作で深田恭子がいろいろ映画賞もらったようですが、彼女は演技しているというか地で、まわりを固める俳優が面白いのだと思います。特にリーゼントの青年が良かった。
(★★★☆)

【バス男】 ジャレッド・ヘス
 ジョン・ヘダー、アーロン・ルーエル、エフレン・ラミレッツ。アメリカ田舎町に住むマンガオタク?の高校生が主人公。
 邦題の”バス男”はもちろん”電車男”のパクリでしょうが、電車男と共通しているのはオタク青年が主人公というだけで他の共通点はなし。むしろ前記の下妻物語に似ているかもしれない(^^; 原題は”ナポレオン・ダイナマイト”で主人公の名前です。
 ヘダーが仲良しなのは、英語がうまくしゃべれないメキシコ系の青年。お兄さんは出会い系サイトでチャットに夢中。おじさんはあやしげな商品を訪問セールスしている。プロムの時期が近づきオタクな二人もパートナーの目星をつけるが...。
 感情をほとんど表に出さない主人公ですが妙に人間臭い。登場人物それぞれも味があって何かほのぼのとした映画です。
 しかし、ドッジボールにしろ本作にしろ、いわゆる負組が主人公。こういう映画が人気になるアメリカはやはり負組が非常に多いってことじゃない(^^;?
(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「トリノまであと..」

 狂牛病、ホリエモン、耐震偽装、防衛庁など難問山積み八方塞になった感のある、現内閣であるが、天の恵みか(^^;あと四日でトリノオリンピックが開幕する。日本がメダルをとろうがとるまいが、今後1ヶ月はオリンピックにマスコミはジャックされるかたちになる。さて一ヵ月後、この4点セットはいったいどうなっていることか.....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「時代はハードディスクムービー(完)」

 最後に、今後の展望について。デッキの方は既にハードディスクレコーダーが主流となっています。オーディオ製品でもiPODの大ヒットを見てもわかるようにテープはほぼ絶滅し、MDは退潮ぎみで、HDDあるいはフラッシュメモリが主流となっています。というわけで自然のなりゆきから見てもムービーでもHDDが今後主流となっていくでしょう。DVDディスクに直接記録するタイプのムービーもありますが、わざわざそれ用の小さいDISKを用意しなければなりませんし、交換の必要があるのはテープと同じ。また、DVDを直接焼くというのは機器にとっても負荷が大きいでしょう。というわけでこのタイプはきっと絶滅します。
 もちろんフラッシュメモリの容量が大きくなれば、HDDからフラッシュメモリという流れも出てくるでしょうが、ムービーは容量が必要なのでしばらくはHDDが主流となることでしょう。

 ビクターの次がなかなか出てこないなと見ていたところ、ついにムービー界の御大ソニーがHDDムービーを3月に発売します。様子をうかがっていた他社もこの動きに追随するかもしれません。
 ビクター製品で気になっていたマイクや外部入力端子がソニーのこのモデルにはついているようです。ということはビクターのHDDがコストダウンのためにつけてなかっただけということなのかな?

 私の場合、HDDムービーを入手したことにより最近はデジカメより動画の方がすっかりメインになってしまいました。2006年はHDDムービーのブームがくるかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「今年のアカデミー賞とラズベリー賞」

 アカデミー賞のノミネートが発表されました。
 前哨戦のゴールデングローブ賞では、ゲイのカウボーイを描いた中国人監督、アン・リーの「ブロークバック・マウンテン」が主要部門を独占し、アカデミー賞でも最多のノミネートとなっています。本作はヴェネチア映画祭で既に金獅子賞もとっていますが、ヨーロッパ受けするタイプの映画。
 昨年もミリオンダラー・ベイビーという小品が選ばれましたが、社会派の大作映画はあまり好まれなくなっているのか!? シリアナ、ジャーヘッドなどアメリカの現政策に異議を唱えるような映画はノミネートさえされていません(^^;
 その他のノミニーでは、アメリカの赤狩りを描いた「グッドナイト&グッドラック」あたりが有力か。赤狩りは過去の話で、今はテロリスト狩りしてるからこの映画は問題ないんでしょうね(^^;;
 アニメ部門ではハウルがノミネートされています。今年はピクサーがいなくてライバルが弱いのでひょっとしたら受賞するかもね。

 ラズベリー賞の方は、日本では公開されないっぽいコメディやらホラー映画ばかりで面白みなし。誰が見てもつまらない小品を選んでるだけではこの賞の意味がないんだけどね(^^; 私としてはスターウォーズ3を選んでほしかったんだが....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »