« コラムyokoze「選挙男」 | トップページ | コラムyokoze「続選挙男」 »

読書な毎日(116)

【増補・改訂 日本マスコミ『臆病』の構造】 ベンジャミン・フルフォード
 フルフォードの最新著が増補されて発売されました。天皇制、部落問題、ヤクザ、記者クラブなど日本マスコミがタブー視して報道しない事象などについて切り込んでいます。
 フルフォードは日本にもう20年も住んでいるカナダ人で、現在はフリーランスですが先日までForbesの記者でした。日本が気に入っていていて日本に永住するつもりのようです。だから、日本を憂いていてこのような本を書いているのだそうです。とにかく記者魂のようなものが感じられます。日本にこういうジャーナリストはほとんどいないよね。彼のようなガイジンにまだ見捨てられないうちに日本もなんとかしないとね(^^;
 本作は昨年11月に出版されたものの、増補改訂版でホリエモン騒動などについても載っています。
(★★★★)

【戦争の世紀を超えて―その場所で語られるべき戦争の記憶がある】 森 達也、姜 尚中
 著者二人の対談と文章から構成されています。二人で、アウシュビッツ、板門店、市谷の東京裁判が行われた場所などを訪ね戦争と人について語ります。あなたも二人と旅をしている気分になれることでしょう!?
 アウシュビッツと言えばホロコーストの代名詞みたいになっています。ナチスドイツの行った大量虐殺とされています。ユダヤ人の悲惨さばかりが語られ、なぜこれがおこったのかという検証がほとんど行われていないのだそうです。極悪ヒトラーの率いるナチスだからホロコーストを行ったという解釈ははたして正しいのでしょうか。そこで思考停止していると、また同じようなことが起こると二人は言います。
 出身から生い立ちまで全く違う二人ですが、共鳴しあう感じでいろいろな話が次から次へと出てきます。二人で行きたいところは世界中にあると森さんは言ってますがこの企画またやって欲しいですね。
(★★★★)

|

« コラムyokoze「選挙男」 | トップページ | コラムyokoze「続選挙男」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書な毎日(116):

« コラムyokoze「選挙男」 | トップページ | コラムyokoze「続選挙男」 »