« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

読書な毎日(113)

【9・11ジェネレーション―米国留学中の女子高生が学んだ「戦争」】 岡崎 玲子
 アメリカのチョート高校というエリート学校に留学した著者が体験した911。アメリカの学生が911を経験して何を感じたのかというのが感じられてなかなか興味深い本でした。著者は日本人なので第三者的な視点で911をアメリカから見ています。あれはアメリカ人にとってははじめて”攻撃された”と感じた出来事だったのです。だからエリート高の理性があると思われる人たちでも、理性的に判断できなかったのです。
 911陰謀説というのもあります。つまりあの事件は、アメリカが起こしたというもの。一見これは荒唐無稽にも思えるのですが、ブッシュ政権にとって911という事件は明らかな追い風になっています。これだけでも911陰謀説は根拠をもつわけです。いろいろと説明のつかないことが911にはあります。ツインタワーが両方とも跡形も無く崩壊してしまったり、その事件調査もいい加減だったり。
 本著を読んでいて、堤さんの「グラウンドゼロがくれた希望」という本と印象が重なりました。方や社会人、方や学生という違いはありますがアメリカという国に理想と希望を持っていた二人。それが911の崩壊とともに崩れてしまった。彼らのことを911ジェネレーションというのでしょう。さて、これからのアメリカそして日本はどこを目指しているのか。
(★★★☆)

【戦場の現在(いま)―戦闘地域の最前線をゆく】 加藤 健二郎
 戦場の現在というタイトルですが著者の戦場体験記といった感じの内容です。自らが様々な地域での紛争に従軍しての体験記です。
 戦争と言ってもその環境は同じではありません。暑かったり寒かったり、都市だったりジャングルだったり。著者はもともと外人部隊に入りたかったそうですが、目が悪くて採用されなかった。そして仕方なく戦場ジャーナリストになったという経緯があります。しかし彼は戦場ジャーナリストには違和感を持っています。ただの野次馬にすぎないのではないかと。
 戦争をいろいろ体験すると、戦争に飽きてくると著者は言います。一時期戦場ジャーナリストをやめようとも思ったそうですが、今のジャーナリズムに疑問を持ち続けているそうです。昨今の戦場報道は、強者の側から撮られることが多くなっている。戦争をする当事者もメディアの力をよく認識していて、上手に利用しようとしているが、そのお膳立てにそのまま乗っかって報道していることが多い。そんな中著者は誰も撮ろうとしない戦争の側面を撮ろうとしているのです。
(★★★)

【風力発電入門】 清水 幸丸
 最近日本でも風力発電が増えていますが、風力発電とはどういったもので、日本で世界でどのような状況であるかということが書いてある本。内容は広範で、風力発電について一通り知るに好適な本です。
 現在風力発電のトップランナーと言えるのは北欧を中心としたヨーロッパです。日本の風車もほとんどが北欧製で一番多いのがデンマーク製だそうです。日本はこの分野、政府が消極的なこともあってかなり出遅れてしまっています。風車の延びが大きいのはヨーロッパでもここ20年ぐらいのことですが、風車にとっての技術革新がこの20年であったそうです。大型風車の開発、風車用ブレードの開発などにより風車で安定的に電力を供給できるようになっています。洋上風力発電というのもヨーロッパではつくられはじめています。
 日本ではなぜ風力発電がすすまないのか。理由はいくつかあります。風況に関しては海に囲まれていることもあり問題ありません。一番大きなのは電気の供給者がほぼ電力会社に限定されていて、他から参入ができなかったというのが大きいでしょう。日本の電力会社は原発という規模が大きくお金もかかる発電方式を主力にしようとしています。電力需要はここ最近延びなくなっていて、もう新たに発電設備をつくる必要も無くなっています。こんな状況では風車をつくる理由が電力会社にはないのです。実際日本に立っている風車のほとんどが、風車専門の発電会社だったり、市民風車だったり、地方自治体が立てたものです。これらの風車はなにも酔狂で立てられているわけではなく、きちんと採算がとれているものがほとんどです。風車技術が上がり値段も下がったおかげで風車はお金を生み出すようになっているのです。
 本著には風車で電気を起こすだけでなく、風車の電力で電気分解し水素を貯蔵し燃料電池として使うという構想についても言及しています。本当にこれが実現したらすごいことです。エネルギーが自給自足できるということになります。日本の電力会社も政府も今田に原発の研究ばかりしていますが、ウランは輸入していますし、たくさんゴミが出ますし、プルサーマルは実現のメドがたっていません。もういい加減に原発はあきらめた方がいいんではないですかね....。
(★★★)

| | トラックバック (0)

コラムyokoze「効率優先」

 JR西日本の通勤電車が脱線して100人近くの人間が亡くなった。先進国?の鉄道とは思えない悲惨な事故だ。原因はいろいろあるのだろうが、効率優先が引き起こした事故と言えるだろう。制限速度を40キロ近くもオーバーしていたそうだが、制限速度オーバーは普通に行われていたことなのだろう。彼は遅刻が怖かったのだ。遅刻は怒られるけど、スピード違反は黙認されているに違いない。事故のおきる限界点近くで電車は運転を続け、それがいつの間にか普通になっていく。先日のふみきり事故も性質の似た事故だ。過密ダイヤのふみきりを機械を越えた人間の裁量で開け閉めしていたところ、事故は起こってしまった。今回の事故もベテラン運転手だったら切り抜けていたのかもしれない。しかし、カーレースをしてるのではあるまいし、そんな限界点近くで人間を運んでいていいのだろうか?安全より効率が優先されると、こういう事故が起きる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「嫌われる国」

 韓流とか中国でビジネスチャンスとかつい先日まで騒いでいたと思ったら、一転して反日デモ報道ばかりになってしまっている。あまりにも画一的な報道は困ったものだ。
 ブッシュになって以降アメリカは世界で嫌われる国なっている。アメリカ人は、海外に行ったときアメリカ人であることを隠すそうだ。日本もその仲間入りをしてしまったのか(^^;;
 今年、小泉総理はまだ靖国に行っていない。この中はたして彼は行くのか?その前に彼が退陣すると、円くおさまるのかもしれないが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「郵政民営化」

 連日、郵政民営化に関する報道がされているが中身は空疎そのものである。ああやって内容のない報道を連日垂れ流すことによって、一般人の興味はうすれていく。道路公団、年金、地方交付税(三位一体の改革?)のときもそうだった。これこそ、小泉政権の手法なのかもしれない。おそらく、郵政民営化もいつの間にか報道が無くなり”曖昧な先送り法”、”骨抜きの改革”で終わる。そして次にひかえるのが国民投票法と憲法改定。有事法制もそうだったが、ナショナリスト関連法だけは骨抜きにならず、着々と整備が進められていく。これが改革を加速?する小泉内閣の正体だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラムyokoze「ホリエモンの目指すもの」

 ホリエモンが報道について興味深いことを言っている。彼が目指す報道機関は媒介であって、方向づけ(フィルタリング)をしない報道機関だ。これに一斉にかみついたのが既存の報道機関である。彼らは自分達のやっていることが否定されたように感じたのだろう。
 ホリエモンが言ってる報道機関は、彼が考案したものではなく既に実在している。一番有名なのは韓国のオーマイニュース。市民記者によるネットニュース配信サイトで韓国では知らない人がいないぐらい有名。韓国の若者の多くがここをニュースポータルとしている。また、ボランティア百科事典で有名なWikipedeia がWikinewsというプロジェクトをはじめた。日本版はまだないが、これがホリエモンの言っている報道機関のイメージである。しかし、既存報道機関はこういう動きがあることを報道しようとしない。彼らのフィルターによってこれらは排除されているからだ。

○オーマイニュース
http://www.ohmynews.com/

○ニュースをオープンソース化せよ--Wikiの挑戦
http://japan.cnet.com/svc/nlt2?id=20080258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書な毎日(112)

【虚飾の愛知万博】 前田 栄作
 愛知県在住の著者が書いた、オフィシャルガイドには載らない万博情報。東京に住んでいると万博をめぐって愛知で何があったのかというのは断片的な情報として知るだけですが、こんなにいろんなことがあったのかと驚かされました。コメディとしか思えないような滅茶苦茶な話が1つや2つではありません(^^; ここには書ききれないので是非とも読んでみてください。
 愛知万博は愛・地球博という環境をテーマにした博覧会ということになっていますが、最初は技術と発展をテーマにした博覧会として企画していました。しかし、紆余曲折を経て環境をテーマとした環境博となり、会場は海上の森と呼ばれる里山になりました。しかし、海上の森を開発することは環境破壊になると、世界の環境団体から非難をあび規模を縮小しての開催となったのです。
 愛知万博には別名がたくさんあります。トヨタ万博、東京管理万博、愛知窮迫など(^^; モリゾーとキッコロも森憎と木殺という別名があるそうです(^^;
 万博の入場見積もりは1500万人。1日あたり4万人ということになります。しかし、この目標は達成不可能と著者は見ています。つまり愛知万博は失敗して大きな赤字をつくるということなります。そのツケはもちろん愛知県民と国民にかえってくるのです。セットでつくられた中部国際空港も(^^;
 著者は愛知万博を是非見に来て欲しいと言います。なぜなら万博は日本の縮図になっているからです。例えば、観光にやさしいフリして全然やさしくないとか(^^; 私も本著を読んだおかげでほとんど興味の無かった愛知万博に行きたくなってしまいました(^^;; 万博に行く人はオフィシャルガイドだけでなく是非本著も読んでください。なぜか本著は現在、非常に手に入りにくい状況になっていますが....。
(★★★★☆)

【機会不平等】 斎藤 貴男
 日本という国がいかに機会不平等な社会になっているかを様々な視点から取材しています。ゆとり教育、派遣労働者、労働組合、老人と子供などの問題を扱っています。マスコミではほとんど流されない情報ばかりで非常に興味深い内容でした。
 日本は戦後比較的誰にでも平等な教育の機会が与えられてきていましたが、ゆとり教育という名でそれが崩れかけています。ゆとり教育とは、要するに一般大衆が上司の命令を従順に聞いてこなす程度の学力をつける教育ことのようです。エリート=金持ち はそういう公立学校に行かないでエリート校に入るか、もし公立に入ったとしても塾に通いエリート校へ入学し、大衆を指揮する役職へと就任するのです。つまりお金持ちでなければエリートになれない階級社会が着々とつくられているのです。いわゆるアメリカ型の格差社会です。これは教育だけでなく社会のあらゆるところで進んでいます。
 世襲制が普通となってしまっている政治家がそれを象徴していますが、彼らは自分たちが優秀だからあるいは努力したから今の地位にあると思って疑いません。スタートラインが全く違うというのに負組は努力が足りないと言って見下します。その根底には差別意識があります。
 本著は著者の代表作と言われるだけあって、非常に内容が濃く重要な問題提起をしている本です。是非ともすべての人にご一読いただきたい。自分がエリートと思っている人はきっとこの本は読まないでしょうが(^^;;
(★★★★☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »