« コラムyokoze「ブラウザ新時代」 | トップページ | ハワイに行くなら(完) »

新最近みた映画(38)

【蝿の王】 ハリー・フック
 無人島に流れ着いた少年24人。さて彼らはどうなってしまうのか....。
 普通無人島というのは、暮らしていけないから無人島だと思うのですが、この無人島は豊かなところで餓死する心配は無さそうです。というわけで、子どもながらに権力争いするというのがこの話。15少年漂流記の焼き直しですね。15少年のオチはどうだったかな?本作のオチはつまんないぞー。ヒントはデイ・アフター・トゥモロー
(★★☆)

【Tomorrow 明日】 黒木 和雄
 黒木監督戦争3部作の一作目。1988年の作品。桃井かおり、田中邦衛、仙道敦子、黒田アーサー。1945年8月8日、原爆投下1日前の長崎。戦時下なれど、日々暮らしている庶民の姿が淡々と描かれている。この翌日にはあの原爆が炸裂したのかと思うとやりきれなくなります。
 最近明らかになってきた話として、8/9の長崎の原爆はギリギリのタイミングで落とされたというのがあります。アメリカは原爆実験を日本でしたかったのですがソ連が8/9に参戦してきたため、日本との戦争を終結させなければならなかった。よく二発の原爆が太平洋戦争を終わらせたと言いますが、それは違って戦争が終わる前に急いで二発落としたというのが本当なのです。事実、この8/9は小倉に原爆を落とすつもりでサイパンから飛び立ったB29でしたが、悪天候のため目標を長崎に変更し、それによりサイパンへ帰る燃料が尽きて沖縄に着陸しているのです。つまりどうしても8/9のうちに落としたかったのです。これも戦争の一面ですが、勝つとわかっている戦争で新兵器の実験がしたかったのです。
 本作では直接的な戦争シーンは出てきません。戦時につつましく暮らす人々の姿を映し出すことにより戦争の悲惨さを訴えています。登場人物が多く群像劇的なのですが、それぞれのキャラクターが輝いています。彼らのTomorrowを奪ってしまったのは戦争なのです。
(★★★★)

|

« コラムyokoze「ブラウザ新時代」 | トップページ | ハワイに行くなら(完) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/1268549

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(38):

« コラムyokoze「ブラウザ新時代」 | トップページ | ハワイに行くなら(完) »