« コラムYOKOZE「今年のアカデミー賞とラズベリー賞」 | トップページ | 読書な毎日(72) »

新最近みた映画(33)

【ぼくのグランパ】 東 陽一
 菅原文太、石原さとみ。13年刑務所に入っていたグランパが出所してきた。グランパはなんで刑務所に入っていたの?街のみんなにこんなに人気があるのに。
 ほのぼの系人情映画といったところでしょうか。一応ヤクザものではあるのですが、暗かったりドロドロはしていません。リアリティ的にはややあやしいところもありますが、漫画と思って見れば問題なし。
 この映画はなんといっても菅原文太でしょう。グランパになってしまうと、なかなか使いづらい役者なのかもしれないけど、他の映画でももっと活躍してほしいですね。もう一つのポイントはヒロインの石原さとみ。現在NHK連ドラ「てるてる家族」のヒロイン。この映画がデビュー作なのだそうな。この映画で彼女は新人賞をたくさんとっているようですが、普通の中学生の役だし賞をあげるほどのものなのかね?
(★★★)

【A2】 森 達也
 オウムを追ったドキュメンタリーAの続編。Aのときはオウムと警察、マスコミとのピリピリした関係が緊張感あふれる映像で映し出されていましたが、A2では世の中のオウムに対する関心が薄れたのもあるでしょうが、ほのぼのした雰囲気が漂っています。森さんに対するオウム信者の警戒心が無くなったというのもあるでしょう。そんなわけでAほどのインパクトはないのですが、それでもおもしろいドキュメンタリーです。やはり先にAを見た方がいいでしょうね。撮影日誌も読んだ方がいいでしょうね。
 A2で特におもしろいのは右翼の人たちです。右翼の人たちの存在は誰でも知っていますが彼らが何を思い、何をしようとしているかまじめに伝えているメディアは無いのかなとも思います。”怖い人たち”としてハナから理解しようとしていないのかもしれません。彼らがオウムと対話したがるのも、なにかオウムの人たちに共感するものがあるからなのかもしれません。
(★★★☆)

|

« コラムYOKOZE「今年のアカデミー賞とラズベリー賞」 | トップページ | 読書な毎日(72) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9379/153028

この記事へのトラックバック一覧です: 新最近みた映画(33):

« コラムYOKOZE「今年のアカデミー賞とラズベリー賞」 | トップページ | 読書な毎日(72) »