android 8,9代目

 Ad89 実は7代目は昨年の10月に画面が割れて8代目になっていたのですが、それの記事書いていなかったですね。androidタブレットが普通になりすぎて新しいの買っても感動が少なくなってしまったのかね!?そして更にその8代目の寿命は短くてつい先日また割ってしまい(^^;9代目を手に入れたところです。というわけで一気に2台のレポートやってしまおう!
 7代目のacerは全く問題なく使えていたのですが、7インチという大きさは微妙で”落としやすい!”ような気がする。7代目は屋外で一度エコバッグに入れていて荷物を取り出そうとしたときにアスファルトの上にすべり落としてしまった。”やってしまった!”と思ったのだがこのときはカドにキズはついたがセーフ。”さすがメーカー品だ”と思ったのだがその数カ月後。これまた屋外でタブの地図を見ながら目的地に到着。タブを脇の下にはさんでバッグをあけたときに滑り落とす。これも下がコンクリでいってしまいました。しかし、画面割れたけどタッチは操作は問題ない。こういうとこやはりメーカー品は強い。とはいえ仕事で割れタブは使えないので、新タブを探す。購入から6ヶ月しかたっていなかったので、売ってる商品はほぼ同じ。また同じモデルは買いたくないので、8代目は落とした罰をこめてgeaneeの安タブADP-769 6890円!(税込)を購入。一応国内メーカー。
 左上写真はその2台。同じ7インチのはずですが縦横比が違う。縦長acerの方が私は好みかな。
 ADP-769はさすが安いだけあってチープ。CPUスコアは3年前のHUAWEIを下回る。もっさりはしていたが実用上は問題ないレベルではありました。これも4ヶ月使ったところで割る。寝間着のポケットに入れていて室内でかがんだときにポロッと。木の床で高さは50センチ程度しかなかった。割れたとは思わなかったのですがパッキリ。しかも、割れたあたりはタッチがきかない。バッテリの持ちも最近悪くなってきていたので1年はもたないなとは思っていたところではあった。また、メーカー品に比べてやわいのかガラスの表面にけっこうすりきキズついているのも気になっていた。やはり安いタブはそれなりですね。
Lenovotab4  そんな訳で9代目は多少高くともメーカー品。しかもandroid7.0以上がいいなということで物色。売ってる機種は前回探したときとそれ程変わりませんが、価格がやや下がってきていた。そんな中にlenovo tab4 8 のリファービッシュ品が14800円というの見つける(右画像)。リファービッシュ品というのは返品されたものをメーカーが動作確認クリーニングして出すものでモノとしては特に問題ない。しかし、このリファービッシュ品は箱もマニュアルもないと言う。そんなリファービッシュ品もあるのかな!?とは思ったが前から目はつけていたlenovoのタブだったのでこれを注文した。正にダンボールにコロッと入った状態で届いたが品物は問題なし。なぜかACアダプタに使用感あったが(^^;
 このタブはandroid7.1のつもりで買ったのだが、8.1のアップデートが出ていて嬉しい誤算もあった。さすがメーカー品の質感は段違い。geaneeが軽自動車とするとこれはポルシェぐらいの勢いがある(^^;そんなに値段変わらないのに。
 まだ使いはじめたところですが今回は落とさなかったHUAWEIと同じ8インチ。ちなみにHUAWEIはまだ現役でりんさんが使っています。今度のlenovoは2年は使いたいね!geaneeは移行が完全にすんだらオークションです。かわいそうだけど。

 

| | コメント (0)

ボヘミアン・ラプソディ プロモーション


 こんなにヒットするとは思わなかったボエミアン・ラプソディ今更ですが公開当時のプロモーションの様子を撮っていたのでアップしときます。
 最初の5連は公開前の新宿トーホーで透過ディスプレイの箱の中にフレディマーキュリーが着た衣装のレプリカが入っているもの。2つ目の階段は公開当時の新宿ピカデリー階段をのぼるとセンサーがあってウィウィルロックユーが流れるもの。ちなみに階段おりると曲が逆に流れます!?最後は新宿3丁目の地下街レコード板の前に立つとセンサーがあってクイーンのヒット曲が流れるもの。ちなみに映画は公開二日目で見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱windows計画(25)

 脱windows計画を書くのは最近トラブッたときぐらいですね。ここ数年teracloud + owncloud で快適に過ごしていたのですが先週ぐらいからlinux上のowncloudがteracloudにつながらなくなった(mintもubuntuも)。teracloud見るとけっこう前にowncloudのサポートをやめていた。いろいろ試したがダメ他のwebdavクライアントもいくつか試したがダメ。linuxに関してはteracloudは特にサポートしていない感じでなんも書いてない。これ以上は時間の無駄。
 そうなるとdavfs2使ってつなぐしかないようだ。今やクラウドの同期なしではやってけない体になってしまったので、重い腰をあげて設定してみた。しかし、マウントして使うとファイルが保存されなかったり、ファイルマネージャーが固まって動かなくなったりする。mintだけでなくubuntuでもやったが同じ。これはconfをいじる必要があるのだろうか。延べ1日ぐらいかかってそこまでたどりつき、ようやく解法が見つかった。davfs2.conf の use_locks 0 if_match_bug 1 にすれば良かった。前者は書き込み中のファイルをサーバー上でロックかける機能なのだそうだが悪さをすることがあるとのこと。後者はフラグを立てておかないとサーバー側でファイルを読んでくれないことがあるそうだ。

 owncloudに関しては時々トラブルは確かにあったのだが、こんな基本的と思われるwebdavクライアントのソフトのサポートをなんでやめてしまうのか。まあ、確かにセキュリティリスクのタネにはなるものではあるが。そしてその代替のdavfs2に関してなんでこんなに情報少ないのか。linuxのみなさんもcloud使ってるんでしょ!?どうやってつないでんすか?
 以下は最終的に参考になったサイト。今やネットは不確かな適当な情報があふれているのでなかなか正解にたどりつかない。
 ところで今回はWIndowsに関するところが1つも無かった。ああ前回もそうだったか(^^;

WebDAVをマウントする(root, 一般ユーザ)
https://l-w-i.net/t/ubuntu/davfs2_001.txt

mount.davfs
http://vps.lolipop.jp/mount.davfs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿区長選について2018

 私は新宿区民です。新宿区長選挙について考察をしておきますか。今回は現職の自公推薦の吉住と新人の野沢との一騎打ちとなった。吉住は二期目になる。彼の目立った政策としてはデモ規制。新宿でデモができるのを公園使用基準の見直しだけで新宿中央公園一箇所にしてしまった。あたりまえですが、市民系からは抗議あったのですがこれをほぼ無視して強行。決定プロセスも議会にかけずに決めてしまった。それまではそれほど目立ったところのなかった無難な区長なのかと思っていたのですが一気に株を落とした。もともと私は自公系の候補には入れませんが、この一点で吉住さんはアウト!退場!デモは市民の権利で、これを独断で制限するとは憲法にも抵触する。その意味がわかっていないのですから政治家失格。
 そんな吉住区長だというのに区長選の対立候補はなかなか決まりませんでした。押し出されるように出てきたのが野沢氏。彼は自由党に所属していますが2012年に日本未来の党で衆院選に出て落選しています。半分忘れていましたが私はこのとき未来の党に期待して彼に投票していた!もしやと思い、自分のtwitter見返して思い出した(^^; しかし落選にもめげずその後も野沢さんは政治家あきらめず続けているのだからしつこいというか骨のある人なんでしょう。
 今回は共産党に立憲民主も彼を支援。共産党は自党候補レベルで応援し逆効果かもしれませんが野沢氏支持の共産党ビラまでポスティングしています。
 野沢氏は投票した私でさえも自分が投票したこと忘れるぐらい印象うすい。近所の矢来町に住んでいるとも知らなかった。日比谷 東大から野村證券と行ってなぜか政治家へ!?実物に会ったことないのでわからないのでありますが、山本太郎やその他市民系がこぞって応援する構図になっていますのでおしだし今一つな感じですが彼にかけましょう!ついこの前の中野区長選も雰囲気としては同じ感じなのでいけるかもしれません。
 ちなみに前回の区長選は乙武くんが出るか!ということで話題になったところでスキャンダル噴出。白けた無風状態で吉住氏が区長ポストを拾ったといいう選挙でしたっけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選の想定問答

先の記事に想定問答もあった方が良いとのことなので付け加えた。

Q 日本の安全のために米軍基地は必要なのでは?

A 米軍は日本を守るために駐留しているのではなく米国の利益のために日本に駐留している。そもそも外国軍の軍隊が戦争が終わって70年経っても駐留し新基地をつくろうとしていることが異常な状態。
 また、軍事力によって地域を安定させるより外交によって安定させるべきと考える。実際日本と中国、北朝鮮の緊張は緩和方向にあり基地を拡張して武力を誇示する段階ではないと考える。


Q 危険な普天間基地の代替として辺野古の基地は必要なのでは?

A もともと普天間基地は辺野古と関係なく1995年に5−7年のうちで返還するとされたものだった。代替施設を県外海外も含めて政府主導で検討したが適当な候補地を見つけられず一旦は白紙となっていた辺野古を住民の意思を無視して決定したものである。米軍が辺野古でなければいけないと言っているわけではなく日本政府が決めたものである。米軍は沖縄の海兵隊機能をグアムに移転させており、交渉次第では国内代替施設なしでの普天間返還も可能であると考える。


Q なぜ沖縄では基地建設反対の知事が選ばれるの?

A 沖縄は基地に依存していた時代もあったが、今や観光業を中心に自立できる状態になっている。そんな中、騒音や墜落の危険に常にさらされ、米兵の犯罪も後をたたない。こんな外国軍の基地はなくなって欲しいというのが自然な住民感情で、それを反映した知事が当選している。歴代の沖縄知事も一貫して基地縮小を掲げている。


Q なぜ日本政府は住民の意思を無視して基地を建設するの?

A 辺野古の基地問題がはじまってもう20年以上となる。当初は海上ヘリポートという規模の小さなものであったが、様々な政権がこの問題に関わっているうちに基地は縮小するどころか規模を拡大し辺野古沖を大規模に埋め立てる基地に変貌した。当然ながらゼネコンはこの大規模工事を手放したくない。おそらく、本土でこの規模の住民の反対があれば新基地の建設はしないだろうが、沖縄だからいいだろうという甘えが政府にある。既に沖縄には米軍基地がたくさんあるし、基地に沖縄は頼っているのだからいいだろう。また、政府としては米国の機嫌を損ねたくない、米国に出ていって欲しくないというのもある感じだ。虎の威をかる狐のようなもので、米国を盾に強硬な態度に出ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選

 うちの中学生の宿題で”今年の大ニュース”を選んで解説せよという宿題があり、今朝になって白紙状態だったので朝の忙しい時間にサンプルに15分でかいてあげた。せっかく書いたのでブログに載せときます。

題:翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選

>ニュースの概要と社会的な評価

 改選をひかえた翁長知事が2018/8に急逝。それにともない2018/10に知事選が行われ、自公与党候補の佐喜眞氏との一騎打ちとなったが基地建設反対で翁長知事の後継と言える玉城デニー氏が当選した。与党候補は争点を隠していたが、この選挙の争点は辺野古基地建設の是非であった。
 翁長氏も基地建設反対の立場で4年間知事をつとめていたが政府と与党は一貫として基地建設の立場で地元沖縄の民意を無視し基地建設をすすめ強行している状態だった。その最中での知事選であったが、あらためて沖縄の新基地建設反対の意思が示されたと言える。
 知事選中は基地建設を一旦ストップしていたものの、知事選が終わったばかりの現時点において再び政府は基地建設を再開しようとしている。

 与党は普天間基地の代替としての辺野古基地を建設としているが、もともとこの2つは別の案件であった。辺野古の基地はもとは海上ヘリポートと呼ばれる規模の小さなもので、これは住民投票で反対の意思が示されたもの。普天間は住民居住地域に隣接していてもともと危険な基地として沖縄基地の返還の筆頭にあがっていた施設であったが、これと辺野古を結びつけ、辺野古の基地の規模を拡大し移転という図式にしたものである。


>このニュースを取り上げた理由

 沖縄には何度か旅行して親近感を持っている地域である。沖縄の基地問題は沖縄返還からずっと続いている問題であるが、遅々として進まない。ここにきて沖縄の新基地建設の意思は鮮明になってきているが、政府はそれとは反対の方向で基地建設を強行しようとしている。このような状況なのに本土の多くの人は沖縄の基地問題を他人事と考えている。


>このニュースに対する自分の意見

 沖縄返還から46年もたつが今だ沖縄には多数の米軍基地が存在している。その状況での新基地建設などありえないと思えるが政府はそれを強行しようとしている。この状況を本土の人間として放ってはおけないと考える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

android 7代目

 先代モデルのHUAWEIは2015年10月に購入以来まだ十分使えて壊れてもいないのだが、kinoppy(紀伊国屋の電子書籍アプリ)がAndroid5以上対応となってしまった。その他も最近対応しないアプリ、妙に動きが遅くなってしまったアプリなどありそろそろOSのバージョン的に限界を感じてきたので替えてみた。しかしhuaweiは2年半も現役だったとはたいしたものだ。長持ちした理由はhuaweiが丈夫だったこともありますが、キッズに一人一台使わなくなったタブacer A700を与えたことにもよります。最初はキッズ用に1台渡したら奪い合いでケンカになったので結局1人1台に配給してしまった。おかげさまでテレビは見ないでタブレットばかり見るようになってしまった。私はいけない親でしょうか!?

8to7 また8インチにするか7インチにするかやや迷ったのだが、もともと7インチで十分だと思っていたのでacerの7インチIconia One 7 B1-780に。7インチは1024*600のモデルが多く、1280*800の解像度は意外と少ない。価格は税込みで11000円。メーカー品がこの値段で普通に売ってる時代になりました。まあでもこの値段が底値だろうね。
 先代HUAWEIに比べてしっかり感はないもののメーカー品のクオリティは達成している。8インチに比べるとかなり小さく軽く感じる。持ちやすいが8インチに慣れてしまったので当初は逆に手が疲れた。軽いがバッテリの容量はやや少なめ、1日使うには十分な容量ではあるが。
 quadrantベンチマークが有料になってしまったので探したがろくなベンチがないので昔のquadrant standard探してやってみたところ先代HUAWEIの1.5倍ぐらいのパフォーマンス出た。やはり進化してるものなんですね。しかし、ベンチマークの適当なソフトがなんでこんなにないのだ!?
 USBのACアダプタ付属。使用電力は10Wぐらい充電中。フル充電の時は3Wぐらい。リアカメラは先代レベル。まあタブレットはこんなもんだろう。同じ解像度なのだが先代の方が液晶きれい。スピーカーは背面に1つ。音質は期待するべくもなく。画面出力のHDMI mini端子が本機にもついてない。
 android6.0になってインターフェース以外の変更の大きなところはSDカードの扱い。SDカードを内部ストレージとして使えるがその設定にすると他デバイスで読めなくなると。また、SDカードして使う場合もアプリの方から設定(ストレージのフレームワークという項目)しないと使えない(保存できない)。インターフェースも基本今までの延長線上なので特にとまどうことはなかった。

 何の文句もありません。タブレットはもう完全に消耗品アイテムになりましたね。2年ぐらいしてへたってきたら交換する感じで。大きさはやはり7インチのHD解像度で十分だ。8インチはややでかい。

 HUAWEIはキッズにでも使ってもらおうかと思ったらゲームの方も最近4系では動かないものが多いらしく、けいちるさんがゲーム(パワプロ)入れてこのacer新タブをいじるようになってしまった。そのうちこのゲーム飽きるだろうなと思って家にいるときは使ってよいことにしているが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱windows計画(24)

Lm 前回の脱windows計画からなんと3年半も間あいてしまいました。今読み返すと3年半前はfirefoxOSのこと書いてました!firefoxOSは期待むなしくその後ご臨終となってしまいましたが。ubuntuの方はずっと使っていたのですがついに転機が訪れた!というわけで3年半ぶりに書いてみた。

 会社デスクトップではここ9年ぐらいubuntuを使っていた(ハードディスクは3回ぐらい故障して変えているが基本ファイルコピーもしくはfilezillaでのリカバリでクリーンインストールしたことなし!)のですがubuntuは32bitCPUに基本対応しなくなった(まだupdateはできるが、インストールモジュールは配布されていない)のと今回18.04アップデート後にubuntuの起動トラブルにみまわれたのと(回避法はみつけたが完全解決していない。ブートまわりの何かが壊れている。)ubuntu自体が重くなり会社デスクトップ(2006年モノのpentium4デュアル!)には最近荷が重くなってきていたので思い切ってmint xfce32bitに変えてみた!
 そうしたら生まれ変わったように軽くなった。その昔はubuntuもこれぐらい軽かったんだけどね。移行トラブルはちょいちょいあったが解決。あと5年ぐらいはこのマシンでいけそうだ!?

 ちなみにひっかかったトラブルは以下2点

1)system-config-sambaが起動しない
→これはmint18のバグで以下のサイトに載ってるコマンドで解決
http://engetu21.hatenablog.com/entry/2018/04/01/222637

2)windowsのntfsシステムドライブにmintからマウントできない
→ubuntuではパスしていたがmintではひっかかった。windows上からコマンドで明示的にハイバネーションをoffにしてやる必要があった。
https://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/del_hiberfil_sys.html

 自宅の方はPC更新しているし64bitでノートラブルで遅くもないので相変わらずubuntu使っています。64bitでそこそこの性能あればubuntuで何も問題ない。自宅もatomの小型PC(←我が家に唯一残るintel)はmint入れてあるのですがね。

 もうほぼ脱windowsしているのでそれほど書くネタはないのですが、さて次回、脱windows計画書くネタができるのは何年後かな....。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノ発表会2018

今年のピアノ発表会が日曜でした。
難曲で今回は上の二人ちょっと苦戦。我が家の練習で弾けても本番のグランドピアノは鍵盤の重さが違うとか。ピアノも大リーグボール養成ギブスみたいなものが必要なのか!?

1)すみれ/ストリーボック
2)即興曲 Op.90-2/シューベルト
3)エチュード Op.64-2「黒鍵」/ショパン
4)星に願いを/リー・ハーライン
5)交響曲第九番「新世界」より第四楽章/ドヴォルザーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気を東電から東京ガスに切り替えて

 以下は”ヨコゼ・プレゼンツ 発電状況レポ”に追記した内容の転記です。

 2016年4月から電力自由化され我が家は東電から東京ガスに切り替えました。東電のイジワルでスムーズには切り替わらなったのですが、その経緯はブログにまとめましたのでそちらを参照ください。とにかくめでたく2016/8から東京ガスに切り替わりました。どのように切り替わるのか事前にはほとんど東電からも東京電力からも説明なかったのですが、結果として2ヶ月遅れで東京ガスから電気料金の請求が届くようになりました。これは相変わらず東電イジワルパワーグリッドがメーターからのデータとって東京ガスにもったいぶって渡しているから遅れてしまうのでしょう。まあ、別に遅れるのは消費者としてはかまわないのでありますが、おかげで我が家の発電量など手集計していたペースが乱れてしまいました。この乱れた法則性を今日になって理解したところで、その間のデータがかなり欠損してしまいましたが、来月ぐらいから元のペースに戻していきたいと考えていますので引き続きよろしく!我が家の太陽光発電は設置から15年になりますがNOメンテンナンスNOトラブルで発電能力も全く落ちていません。こんなに手のかからない発電設備って他にはないのではなかろうか。
 電気料金は見ていただければわかると思いますが東京ガスにして原発爆発前の東電水準に戻りました。月額で数百円安くなっています。今なら簡単に切り替わると思いますのでみなさんも早く東電とはオサラバしましょう!
 売電に関しても東京ガスにしたかったのですが、現状東京ガスはその体制にないとことで売電だけは相変わらず東電。早く東電と絶縁したいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«翼をください 伴奏 横山潤子編曲