都知事選レビュー2020

 今回の都知事選で不可解だったのは投票日に向けてコロナ感染者が増えていったこと。感染怖くて投票に行かないような人は小池さんに入れる人だからです。しかし選挙終わってみて謎がとけました。感染者が増えると都民は保守的になり、感染怖くて投票に行かないのではなく、がんばってる小池さんに続けてもらいたい!となるのです。小池さんはきっとそこまで読んでいたのですね..さすが女帝。選挙終わったのでおそらく第二波は終了でこれから夏に向けてgotoキャンペーンですか!?そして秋冬には衆院選。きっと選挙に合わせて第三波がやってくることでしょう....。
 
 票の分析についてはほぼ予想通り。小野が思った以上に票を獲得したのが予想外。小野は中央区や港区など金持ち地域で票をのばしている。貧乏人の味方の宇都宮や山本が嫌いな層はこちらに入れるのだろう。小野の凱旋には新宿で遭遇したが、応援演説が昔懐かしい右翼のアジ演説調でかなりやばかったのだが。
 都知事選に限って言えば、今後小池は何度出ても当選するだろう。二度目の選挙できっちり票をのばしている都知事を落とすことはほぼ不可能。ワイドショーを上へ下へのスキャンダルが出てやめるか、国会議員に戻るかしなければ彼女はいなくならない。この4年見ても小池はLED電球交換キャンペーンぐらいしかしなかったが、何もしない故に失敗もない。都民向けのエコユリのイメージだけ振りまいておれば良い。東京都は慎太郎時代から引き続き停滞し世界から取り残されていくのだ....。

| | コメント (0)

都知事選分析2020

 山本太郎が出馬表明し盛り上がってきているように見える都知事選であるが、小池の盤石状態はそうはゆるがない。女帝小池の本や週刊誌ネタは出ているがワイドショーなどがスルーしているので多くの都民は気がついていない。いや、4年前に小池に投票した人はそんなものは見たくないので見ようとしない。小池は今回のコロナで何もやってないに等しいがやってる感だけは出しているのでイメージはそれほど悪くなっていない。
 なんと言っても現職は強いのだ。それは過去の都知事選をみても明らか。小池は4年前に291万票も取っている。今回投票率はコロナもあり前回より下がり無党派票は減るだろうが、今回の小池は自公が推薦しているのでこの約150万票程度が足されることになる。スキャンダルで削られる票と下がる投票率を考慮しても400万票をうかがう状況だ。
 
 これに勝つのはかなり困難である。宇都宮には今回立憲と社民がついているが、100万がいいところ。その他の票が太郎に行く。これも100万いくかどうか。宇津宮を超えられない可能性も高い。
 どちらかで統一できても200万では勝てない。実際は統一すれば減るので200万に届かないだろう。
 
 こんな状況でなんで太郎が出るかと言えばそれは都民の関心を選挙に向けたいというのがあるだろう。れいわも露出が減ってしまっているのでここいらでテコ入れが必要だ。宇都宮の応援しているだけでは地盤沈下してしまう。
 
 今回の選挙は小池でまず揺るがないだろうが、この票をいくら削れるかがポイント。300万を切るようならかなりの善戦だ。太郎が出ることによって宇都宮一人よりかおそらく票を削ることができるだろう。
 小池自体は希望の党がポシャッて行き場がなくなっている。ここらで大量票とって国政に自民党から復帰ぐらいしかないのだろう。だからこそ小池に大量得票を許してはいけないのだ。あの本を読んだ人なら小池を総理にしてはいけないことがわかるだろう。

  参考までに4年前の選挙の分析はこちら

| | コメント (0)

脱windows計画(27)

 連続してこのネタということはまたトラブル案件ですね。今回はトラブル2ネタ。
 1つ目は私のデスクトップ。ubuntu20.04LTSがリリースされているのにいつまでもアップグレードがかからない。普通のアップデートはかかる。コマンドラインでアップグレードかけても、autoremoveかけてもダメ。結局は以下のサイトにあったアップグレードの強制コマンドがきいた。

sudo do-release-upgrade -d

https://www.omgubuntu.co.uk/2020/04/how-to-upgrade-to-ubuntu-20-04

 もう1つは新規インストールの話。うちのキッズ用に今回1台ノートPCを購入し、デュアルブート化したのだが通常インストールではwifiのドライバがあたらなかった。機種はHP 14s-dk0098AU。wifiのチップはRTL8821CEだった。
 結局これは手動でドライバをインストールして、セキュアブートを外すことによって解決した。参考にしたのは以下のサイトあたり。
 セキュアブートを外さないでも解決するケースもあるようだがこのPCの場合は外さないとwifiのドライバが当たらなかった。
 セキュアブートというのを今まであまり意識していなかったが、OS起動する前のBIOSレベルでのセキュリティ機能ということになっているがこれがlinuxでは悪さすることがあるということなんだろう。今のところは外せばいいのだが今後もこれ要因で不具合起こるかも。
 しかし、wifiのトラブルは多いっすね!
 
https://qiita.com/PHOO/items/d77a9de94ca1662516e8
https://medium.com/@kimiyukiyukawa/installing-rtl8821ce-network-controller-on-ubuntu-335d8ccb8a92

| | コメント (0)

脱windows計画(26)

 コロナ禍の中みなさんいかがお過ごしでしょうか。ひさしぶりにこのネタというとトラブル系の備忘録になります。1年半ぶりぐらいになりますか。
 自宅ubuntuはノートPC wifiで使っています。以前使っていたacerの頃見返してみる15年ぐらい前になりますが、この頃はノートPCをwifiにつなぐ闘争が本タイトルのメインだったんですね...懐かしい。今や、linuxもドライバを探してあてるなんて作業は必要なくスコーンと入れれば何も気にしなくて良くなっています。ところが、ubuntu19.10にあげてからと思われますが、起動してしばらく使っているとwifiにつながらなくなるという現象が起こっていました。再起動すればつながるのですが、しばらくするとまたつながらなくなる。
 wifiトラブルで面倒なのは、wifiがつながらなくなるのでネットで調べながら解決ができなくなるという問題があり、しばらく放っておいたのですがさすがに不便なのでスマホで調べながら解決に至りました!

 原因はwifiのpower managementが悪さをしていて、これをoffにすれば良かった。offにする方法は以下の記事に書いてあった”上手くいかなかった対処方法3"でした。2は別の記事でも見たのですが、直接コマンドならOKなのですが、リブートすると適用されなかった(そんなに追求はしてないが)。

◯Linux Mint 18.1でWi-Fiの省電力機構を無効化する
https://blog.afnf.net/blog/91

# /etc/NetworkManager/conf.d/default-wifi-powersave-on.conf
[connection]
wifi.powersave = 3

 あと、別件だがもう1つ実は問題ある。私の使っているトラックボール ナカバヤシ MUS-TULF133は前のトラックボールが壊れてからもう1年以上は使っていますが、ubuntuリブートすると認識しなくなる。USB差し直せば認識。これは最初からの現象。差し直せばいいのでこれは解決しようとあまり調べていないのですが、認識の順番を変えてやるとか、起動後に再認識させるとかすればいいんだろうがそのうちOSの方で解決してくれるだろうと放ってます。私もトシのせいかいろいろ調べていじるのが億劫になってきた(^^;しかし、こういう問題今も起こるんだな。
 ちなみに私の環境はubuntu 19.10 HP 3165NGW 無線チップ RTL810xE です。

 windowsについても書いときますか。7のサポート終了し、ほとんどが10になっています。自宅ではwindowsほぼ使いませんが、時々立ち上げるとアップデートが入ってきて困ったものです。windowsのアップデートってなんでこんなに時間かかるの。ここには書かなかったけど、このHPになってから一度windowsアップデートに失敗して、windowsのインターフェースが変なことになって、初期化したことがありました..そういえば。ほとんどwindows使ってないので、移行するファイルもあまりなく初期化してしまえ!ということでトラブルあまり追求しませんでしたが。仕事の方では会社デスクトップはwindows8.1使っています。ほとんど使いませんが。納品用のPCはwindows10ですが、リテールのwindows10はアップデートまわりのトラブルが多くて組み込み用のWindows LTSC使ってます。これは勝手にアップデートしないし余計なもの入ってないしで安心して使えます。windowsの悩みもこれで解消した。デスクトップには使ってはいけないことになってるのだが、これをデスクトップにしてほしいね。

 ではまた。次の記事は何年後ですかね。

| | コメント (0)

新最近みた映画(124)

なななーんと新最近みた映画3年半ぶり!たまにはビデオの感想も書かないとあかんね

【ラーメンヘッズ】 重乃 康紀
 日本のラーメン屋を追ったドキュメンタリー。大島 新プロデュース作ということで気になっていた作品だが飛行機でみた。ラーメンは私も比較的食べる方かと思うのだがこれほどのこだわりを持ってつくられているラーメンがあるとのことに驚愕した。それはお客さんサイドにも言え、本作でメインにとりあげられる”とみ田”を例にとると、なんと朝の4時から並んでいる。そしてお昼には1日分の食券が売り切れる。
 とみ田の親方は1日中、そしてオフのときもラーメンのことばかり考えている。家族との食事もラーメン、他店にも食べに行く。これだけ考えてこだわってつくられらた一杯が1000円しないというのは日本の驚異かもしれない。ラーメンは確かに日本の職人芸であり、文化になっている。しかし、ここに大手資本が突っ込んできてチェーン化でもしたら終わりだろうね。
 我が家の近所にもこの作品に出てきた葉山、灯花があるので行ってみたい。葉山は確かにいつも行列があるのは気がついていた。とみ田に関しては、松戸までわざわざラーメンのために行くのはないなと思っていたのですが、アイランド食品の銘店シリーズで売っているのを発見して食しました、本物とは違うのでしょうがその心意気は感じることができたかな。
(★★★★)

| | コメント (0)

android 10代目というより初代スマホ

Huaoppo_20191006095301  lenovoの9代目はもちろん現役で割れてもいないのですがついにスマホに移行してしまいました。きっかけは高校生になったりんさんのスマホを購入したことによる。高校生になったらさすがにスマホだろうということで進路が決まった2019年の2月ごろからスマホとキャリアに関して調べはじめた。今まで自分が使う気がなかったので真面目に調べたことはなかったのだが、いわゆる格安系キャリアはけっこう安い。スマホ本体も2万円以下でそれなりの機種が手に入る。
 キャリアはymobile スマホは HUAWEI nova lite2のsimフリー新古品をsofmapで17258円(税込)で3月に購入した。ymobileに関してはyahooプレミア代金が込になるなどのメリットもあり月額実質1500円程度(だんだん割引適用消えていくがそれでもmax3000円にはいかない)。
 りんさんのスマホ購入した時点では自分のスマホ買うつもりはなかったのですが、プリペイドも60日で3000円(カードはチケット屋で購入するので2900円ぐらい)かかるので値段的にはあまり変わらない。家族割もあるので、カードの有効期限切れたところでスマホにチェンジもありかなと考えはじめていた。
 プリペイドのカードは8末ぐらいが期限だったのですが7月に端末購入して8月にymobileに切り替えた。番号ポータブルもできたが、手続きにお金かかるのと、新規契約(ソフバンとymobileは同会社扱い)に比べて高いので新番号でymobileユーザーになった。私が選んだ機種は少々迷ったが、oppo AX7。オークションで新品が出回っており16000円(税込)で落札。当時はHUAWEIいじめが勃発していたが値段と性能で選ぶと自然とHUAWEIに行き着いた。りんさんHUAWEIなので別のメーカーを探したところこれも中国のoppoとなった(左がoppo)。こんなに画面でかくなくても良かったのですが、今やこれが普通のサイズでこれで一番安いエントリーレベルなのだ。
 このスマホを使いはじめて以降は案の定、lenovo の8インチを使うことがなくなってしまった..残念ながら。画面は小さいがこれで必要十分。端末の性能もこちらのが上なのだ。データ容量は一番下の月あたり3GBなのですがここまでは全然いかない。りんさん使っている時点で想定はできたが、外出中に動画など見なければデーターはほとんど食わないのだ。
 しかし、スマホは便利だ。いつでも情報調べられるし、端末もタブレットに比較して小さいので邪魔にならない。タイピングはしづらいがそれ以外の点ではスマホに軍配が。というわけで、今や日本でもスマホは誰でも使うインフラになったというわけだな。
 oppoの端末に関しての評価を最後に。中国の新興メーカーとのこと。気に入らない点はgoogle系の使わないソフトを無効にできないこと。oppoは独自のandroidカスタマイズOSになっている。良い点は、端末の電源ON/OFFをタイマーで制御できること、mobileのデータ通信だけ切るインターフェースがある、夜間シールドという暗闇用のディスプレイモードがあることなど。やや重いがバッテリー容量は豊富で一回充電すれば数日使える。まあ、この値段でこの性能なら文句つけるとこほとんどないです。
 既にスマホは枯れた技術になっている。デジカメについて語ることがほとんどなくなってしまったけど、スマホももうそういう段階に来ちゃったかな。そういう段階に来て日本メーカーの存在感はほとんどなくなっている。こういう工業製品でもう中国に対抗できなくなってしまったね。

| | コメント (0)

android 8,9代目

 Ad89 実は7代目は昨年の10月に画面が割れて8代目になっていたのですが、それの記事書いていなかったですね。androidタブレットが普通になりすぎて新しいの買っても感動が少なくなってしまったのかね!?そして更にその8代目の寿命は短くてつい先日また割ってしまい(^^;9代目を手に入れたところです。というわけで一気に2台のレポートやってしまおう!
 7代目のacerは全く問題なく使えていたのですが、7インチという大きさは微妙で”落としやすい!”ような気がする。7代目は屋外で一度エコバッグに入れていて荷物を取り出そうとしたときにアスファルトの上にすべり落としてしまった。”やってしまった!”と思ったのだがこのときはカドにキズはついたがセーフ。”さすがメーカー品だ”と思ったのだがその数カ月後。これまた屋外でタブの地図を見ながら目的地に到着。タブを脇の下にはさんでバッグをあけたときに滑り落とす。これも下がコンクリでいってしまいました。しかし、画面割れたけどタッチは操作は問題ない。こういうとこやはりメーカー品は強い。とはいえ仕事で割れタブは使えないので、新タブを探す。購入から6ヶ月しかたっていなかったので、売ってる商品はほぼ同じ。また同じモデルは買いたくないので、8代目は落とした罰をこめてgeaneeの安タブADP-769 6890円!(税込)を購入。一応国内メーカー。
 左上写真はその2台。同じ7インチのはずですが縦横比が違う。縦長acerの方が私は好みかな。
 ADP-769はさすが安いだけあってチープ。CPUスコアは3年前のHUAWEIを下回る。もっさりはしていたが実用上は問題ないレベルではありました。これも4ヶ月使ったところで割る。寝間着のポケットに入れていて室内でかがんだときにポロッと。木の床で高さは50センチ程度しかなかった。割れたとは思わなかったのですがパッキリ。しかも、割れたあたりはタッチがきかない。バッテリの持ちも最近悪くなってきていたので1年はもたないなとは思っていたところではあった。また、メーカー品に比べてやわいのかガラスの表面にけっこうすりきキズついているのも気になっていた。やはり安いタブはそれなりですね。
Lenovotab4  そんな訳で9代目は多少高くともメーカー品。しかもandroid7.0以上がいいなということで物色。売ってる機種は前回探したときとそれ程変わりませんが、価格がやや下がってきていた。そんな中にlenovo tab4 8 のリファービッシュ品が14800円というの見つける(右画像)。リファービッシュ品というのは返品されたものをメーカーが動作確認クリーニングして出すものでモノとしては特に問題ない。しかし、このリファービッシュ品は箱もマニュアルもないと言う。そんなリファービッシュ品もあるのかな!?とは思ったが前から目はつけていたlenovoのタブだったのでこれを注文した。正にダンボールにコロッと入った状態で届いたが品物は問題なし。なぜかACアダプタに使用感あったが(^^;
 このタブはandroid7.1のつもりで買ったのだが、8.1のアップデートが出ていて嬉しい誤算もあった。さすがメーカー品の質感は段違い。geaneeが軽自動車とするとこれはポルシェぐらいの勢いがある(^^;そんなに値段変わらないのに。
 まだ使いはじめたところですが今回は落とさなかったHUAWEIと同じ8インチ。ちなみにHUAWEIはまだ現役でりんさんが使っています。今度のlenovoは2年は使いたいね!geaneeは移行が完全にすんだらオークションです。かわいそうだけど。

 

| | コメント (0)

ボヘミアン・ラプソディ プロモーション


 こんなにヒットするとは思わなかったボエミアン・ラプソディ今更ですが公開当時のプロモーションの様子を撮っていたのでアップしときます。
 最初の5連は公開前の新宿トーホーで透過ディスプレイの箱の中にフレディマーキュリーが着た衣装のレプリカが入っているもの。2つ目の階段は公開当時の新宿ピカデリー階段をのぼるとセンサーがあってウィウィルロックユーが流れるもの。ちなみに階段おりると曲が逆に流れます!?最後は新宿3丁目の地下街レコード板の前に立つとセンサーがあってクイーンのヒット曲が流れるもの。ちなみに映画は公開二日目で見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱windows計画(25)

 脱windows計画を書くのは最近トラブッたときぐらいですね。ここ数年teracloud + owncloud で快適に過ごしていたのですが先週ぐらいからlinux上のowncloudがteracloudにつながらなくなった(mintもubuntuも)。teracloud見るとけっこう前にowncloudのサポートをやめていた。いろいろ試したがダメ他のwebdavクライアントもいくつか試したがダメ。linuxに関してはteracloudは特にサポートしていない感じでなんも書いてない。これ以上は時間の無駄。
 そうなるとdavfs2使ってつなぐしかないようだ。今やクラウドの同期なしではやってけない体になってしまったので、重い腰をあげて設定してみた。しかし、マウントして使うとファイルが保存されなかったり、ファイルマネージャーが固まって動かなくなったりする。mintだけでなくubuntuでもやったが同じ。これはconfをいじる必要があるのだろうか。延べ1日ぐらいかかってそこまでたどりつき、ようやく解法が見つかった。davfs2.conf の use_locks 0 if_match_bug 1 にすれば良かった。前者は書き込み中のファイルをサーバー上でロックかける機能なのだそうだが悪さをすることがあるとのこと。後者はフラグを立てておかないとサーバー側でファイルを読んでくれないことがあるそうだ。

 owncloudに関しては時々トラブルは確かにあったのだが、こんな基本的と思われるwebdavクライアントのソフトのサポートをなんでやめてしまうのか。まあ、確かにセキュリティリスクのタネにはなるものではあるが。そしてその代替のdavfs2に関してなんでこんなに情報少ないのか。linuxのみなさんもcloud使ってるんでしょ!?どうやってつないでんすか?
 以下は最終的に参考になったサイト。今やネットは不確かな適当な情報があふれているのでなかなか正解にたどりつかない。
 ところで今回はWindowsに関するところが1つも無かった。ああ前回もそうだったか(^^;

WebDAVをマウントする(root, 一般ユーザ)
https://l-w-i.net/t/ubuntu/davfs2_001.txt

mount.davfs
http://vps.lolipop.jp/mount.davfs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿区長選について2018

 私は新宿区民です。新宿区長選挙について考察をしておきますか。今回は現職の自公推薦の吉住と新人の野沢との一騎打ちとなった。吉住は二期目になる。彼の目立った政策としてはデモ規制。新宿でデモができるのを公園使用基準の見直しだけで新宿中央公園一箇所にしてしまった。あたりまえですが、市民系からは抗議あったのですがこれをほぼ無視して強行。決定プロセスも議会にかけずに決めてしまった。それまではそれほど目立ったところのなかった無難な区長なのかと思っていたのですが一気に株を落とした。もともと私は自公系の候補には入れませんが、この一点で吉住さんはアウト!退場!デモは市民の権利で、これを独断で制限するとは憲法にも抵触する。その意味がわかっていないのですから政治家失格。
 そんな吉住区長だというのに区長選の対立候補はなかなか決まりませんでした。押し出されるように出てきたのが野沢氏。彼は自由党に所属していますが2012年に日本未来の党で衆院選に出て落選しています。半分忘れていましたが私はこのとき未来の党に期待して彼に投票していた!もしやと思い、自分のtwitter見返して思い出した(^^; しかし落選にもめげずその後も野沢さんは政治家あきらめず続けているのだからしつこいというか骨のある人なんでしょう。
 今回は共産党に立憲民主も彼を支援。共産党は自党候補レベルで応援し逆効果かもしれませんが野沢氏支持の共産党ビラまでポスティングしています。
 野沢氏は投票した私でさえも自分が投票したこと忘れるぐらい印象うすい。近所の矢来町に住んでいるとも知らなかった。日比谷 東大から野村證券と行ってなぜか政治家へ!?実物に会ったことないのでわからないのでありますが、山本太郎やその他市民系がこぞって応援する構図になっていますのでおしだし今一つな感じですが彼にかけましょう!ついこの前の中野区長選も雰囲気としては同じ感じなのでいけるかもしれません。
 ちなみに前回の区長選は乙武くんが出るか!ということで話題になったところでスキャンダル噴出。白けた無風状態で吉住氏が区長ポストを拾ったといいう選挙でしたっけね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«翁長知事死去にともなう沖縄知事選で辺野古基地建設反対の玉城デニー氏当選の想定問答